【曲紹介】Bonfire / Sweet Obsession

ボンファイヤー / スウィート・オブセッション (1987)

1972年にドイツで結成されたハードロックバンド。
1987年に発表されたBonfireとして2枚目のアルバム[Fireworks]の7曲目に収録されています。

ドイツのメロディアスロックの中でも特に歴史の古いベテランバンドです。
地元で地道な活動をしていた[Cacumen]が1985年に大手レーベルのBMGとの契約を獲得。
バンド名をBonfireへと改名して[Don’t Touch the Light]で全米デビューを果たします。
勢いに乗ったバンドはプロデューサーにMichael Wagenerを迎えて次なる作品のレコーディングに取り掛かります。
ドラマーのDominik Hülshorstが脱退するトラブルにも見舞われますが、サポートメンバーにKen Maryを迎え入れてバンドの代表作とも言える名盤を完成させます。
その中でも特に人気が高く、後に何度もリメイクされることになるナンバーがこちらです。

Joe Lynn TurnerとJack Pontiが全面的に曲作りに関わっていることからわかるように、完全にアメリカンなメロディアスハードロックに仕上がっています。
シンセを大々的にフィーチャーした80年代のヒットチャート王道なサウンドです。

ただ、Claus Lessmannの声質が[Scorpions]のKlaus Meineと似ているため、ヨーロピアンな雰囲気も漂っています。
透き通るようなハイトーンボイスはどこかしらの憂いを帯びていて、バンドの強い個性として楽曲の魅力を底上げしています。

そして、もう一つの聴きどころがセッションドラマーとして参加をしたKen Maryの存在です。
[Fifth Angel]と[Chastain]での活動をメインとしながらも、[Alice Cooper]のようなビッグネームとも共演した実績もある名手です。
当時はまだ19歳ながらタイトで貫禄のあるプレイは見事!
バンド持っているポテンシャルを下から押し上げる重要な役割を果たしています。

優れたプロデューサー、ソングライター、そしてサポートミュージシャンの力を借りてバンドの代表曲となりました。
メロディアスロックファン必聴の名曲です。

Bonfireの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました