【曲紹介】Fair Warning / Out On The Run

フェア・ウォーニング / アウト・オン・ザ・ラン (1992)

1989年にドイツで結成されたハードロックバンド。
1992年に発表された1枚目のアルバム[Fair Warning]の7曲目に収録されています。

[Zeno]のに在籍していたメンバーで結成され、メロディアスハードロックの中心的存在です。
リーダーのZeno Rothがデビュー間も無く音楽活動を引退しまい、残されたメンバーはバンドの立て直しを図ります。
バンド名を新たにWarner Musicと契約してデビューアルバムがリリースされました。
[Zeno]の意志を継ぐ美しいメロディは、海を越えた日本で圧倒的な支持を得ます。
その中から、バンドの代表曲として非常に人気の高い哀愁漂うナンバーがこちらです。

緊張感溢れるギターとシンセによるイントロから、早くもワクワクさせてくれます。
80年代の雰囲気をほのかに残したようなフレーズを聴くと、この手の音楽が好きな人間ならば否応なしに反応してしまいます。

そして、このバンドの売りの一つでもあるTommy Heartのよく伸びるハイトーンを駆使したハイレベルな歌は、デビュー当時から絶好調です。
決して一本調子ではなく、エモーショナルな表現力にも富んでおり、楽曲にとても大きなパワーを与えてくれています。
哀愁漂うサビのメロディラインにとてもマッチした声質のため、力強さを備えつつも押し付けがましくないところもポイントが高いです。

元々非常にキーの高い楽曲なのですが、最後のサビでは転調をしてさらにキーが高くなります。
大丈夫なのだろうかと心配になるのですが、それをものともせずに余裕で歌い上げる声域の広さには脱帽です。
さすがは、Michael Flexigの後任として[Zeno]へ抜擢されただけのことはあります。

この曲はメロディアスハードロックを日本に浸透させるきっかけを与えました。
強いて個人的な不満を上げるとすれば、これだけインパクトのある曲をアルバムのトップに持ってこなかった部分でしょうか。
そこだけが理解に苦しむところです。

とりあえず、メロハー(メロディアスハードロックの略称)を聴いてみたければこの曲からどうぞ!
そう言い切っても誰にも文句を言われない名曲です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました