【曲紹介】Mad Max / Never Say Never

マッド・マックス / ネヴァー・セイ・ネヴァー (1985)

1981年にドイツで結成されたヘヴィメタルバンド。
1985年に発表された3枚目のアルバム[Stormchild]の1曲目に収録されています。

日本ではあのMichael Vossが過去に在籍していたバンドとして、一部のファンの間で有名になりました。
そう、CasanovaやDemon Drive、Silverを始め、WolfPakk、Phantom5、Michael Schenkerとの活動など様々な方面で引っ張りだこの超実力派シンガーです。

どちらかといえばメロディアスハードロックとしてのイメージが強いのですが、この頃は超超超正統派のヘヴィメタルをやっていました。
前作までは歌も演奏も音質も相当なB級ながらも曲のクオリティはかなり光るものがありましたが、この曲で一気に化けました。
余計な贅肉を削ぎ落とした、実に素直なヘヴィメタルです。

覚えやすいキャッチーなギターリフ
どっしりとタイトなリズム
シンガロングのできる非常にわかりやすいサビ

ぱっと聴きは地味に感じますが、何度も繰り返し聴ける要素を多分に含んでいます。

このバンドの魅力は、才能を持ちながらも若さ故にまだそれが完全に開花しきれていないもどかしさです。
後一歩で、ジャーマンメタルの歴史に残る名盤が残せそうなワクワク感です。
それを最も感じさせるのがMichael Vossの歌です。

線は細いけれども、甘くてハスキーな非常に個性的な声です。
ただ、この頃の歌はハッキリ言ってまだ発展途上です。
当時、確か19歳ぐらいだったのではないでしょうか?
明らかな経験不足を感じます。

それを補うのが、曲の良さと確かな演奏力です。
バンドが三位一体になってお互いの弱点を補っている連帯感は音になって現れています。
日本では一部のマニアにしか知られないまま80年代後半に解散してしまいましたが、1999年に再結成をしてからはある程度の成功を収めて知られる存在になりました。

人気シンガーの過去を辿る意味でも非常に重要な楽曲です。
ジャーマンメタル愛好家必聴!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました