【曲紹介】Slayer / Angel Of Death

スレイヤー / エンジェル・オブ・デス (1986)

1981年にアメリカのカリフォルニアで結成されたスラッシュメタルバンド。
1986年に発表された3枚目のアルバム[Reign in Bloodの1曲目に収録されています。

Slayerの代表作どころか、スラッシュメタルの究極系とも言われる金字塔的作品。
その中でも屈指の名曲として知られるナンバーです。
この世にあるスラッシュメタルで最も人気の高いナンバーと言っても過言では無いほど。

当時としては、極端と言っていいほどスピードと激しさに特化した楽曲です。
常識外れのスピードで刻まれるギターリフが鳴り響き、ドラムのハイハットの刻みと高速タム回しが入り徐々に盛り上がっていきます。
そして、Tom Arayaお得意の高音シャウトと共に怒涛の高速ツーバス連打が炸裂!

後は、爆走あるのみ。
音質が非常に悪かった前作までと比べ、メジャーレーベルからのサポートで一つ一つの音が非常にクリアでヘヴィになっています。
そのため、迫力が段違いになりました。
それでいて、勢いと暴力生は増幅しているのですから、圧巻です。

この曲が名曲とされているのは、展開作りの巧みさです。
中間部分で一旦テンポを落として煽り、ギターソロになると元のテンポよりも更に上げて爆走を始めるんです。
体感速度としては2倍もしくは3倍ぐらいに感じられます。

そして、最大のハイライト。
全ての楽器がブレイクして、ツーバスの連打のみが鳴り響くパートです。
ライブでは、この部分がひたすら続いて観客を煽りまくります。
タムを6発叩いたら、そこが合図。
ツーバスの連打は曲が終わるまでひたすら続いたまま最後のサビを歌いきるだけです。
こんな曲を目の前でやられたら、全てのメタル愛好家は平伏すことしかできません。

ヤバイのは曲だけではなく歌詞もです。
第二次世界大戦中にアウシュヴィッツで行われた外科学実験に関する内容が大問題なり、アルバムの発売が遅れるまでの論争に発展しました。
ただ、このためにヤバくて過激で不謹慎な音楽が大好きな若者たちからの絶大な支持を受ける結果となりました。

個人的には前作までのアンダーグラウンドな雰囲気が大好きなのですが、スラッシュメタルとしてのクオリティは間違いなくこちらの方が上です。
全スラッシュメタルファン必修科目!

Slayerの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました