【曲紹介】Queensryche / Queen of the Reich

クイーンズライク / 女王の国 (1983)

1981年にアメリカのシアトルで結成されたヘヴィメタルバンド。
1983年に発表された1枚目のEP[Queensryche]の1曲目に収録されています。

アマチュアバンドのThe Mobが1981年にレコーディングしたデモ音源4曲は、インディーズレーベルと契約を結んだ際にデビューEPとしてリリースされる運びとなりました。
その際に権利関係でThe Mobの名前が使用できないため、こちらの曲名をヒントにバンド名をQueensrycheへと変更します。

[Judas Priest]や[Iron Maiden]などのブリティッシュメタルからの影響が非常に色濃くでており、非常にエネルギッシュです。
後にプログレッシヴメタルと呼ばれる彼らですが、この頃はそんな雰囲気は微塵にも感じさせません。
元々がデモ音源なので、低予算録音のペラペラの音質ですし、レコーディング当時はメンバーの大半が10代で演奏力も発展途上。
ですが、若さ溢れる初期衝動に任せて全力で音楽にぶち当たる情熱が音から迸っています。

ただ、曲のクオリティに関してはただのアマチュアバンドのそれとは一線を画しています。
[聖飢魔II]がEL DORADOのイントロでも引用した冒頭のイギターリフはインパクト絶大ですし、ツインリードのハーモニーを中心にドラマチックに展開するギターソロも見事なものです。

何よりも強烈なのが、Geoff Tateの常識外れなハイトーンです。
イントロのシャウトを聴けば、どこまでキーが上がるのだろうかとワクワクしてきますし、サビの終わりでの強引とも言える歌い回しをこなすのは相当な実力がなければできません。
終始ハイテンションで全力投球なスタイルはこの時期にしか聴けません。

レコーディング当時、彼はまだメンバーではなくデモ音源作成のための穴埋めで手伝っただけでした。
にも関わらず、ここまでレベルの高いパフォーマンスを残してくれたサービス精神には脱帽です。

この曲での歌唱スタイルは、後に様々なシンガーへと影響を与えました。

[Crimson Glory]のMidnight
[Agent Steel]のJohn Cyriis
[Shy]のTony Mills
[Helloween]のMichael Kiske

いずれも、Geoff Tateのハイトーンを模倣したスタイルです。
この先、何十年にも渡ってライブの定番曲になるほどの人気曲に上り詰めたのは、彼の素晴らしい歌のおかげです。
正統派アメリカンメタルの歴史を語る上で、絶対に外せない歴史的名曲です。

Queensrycheの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました