【曲紹介】Running Wild / Riding the Storm

ランニング・ワイルド / 嵐の中へ (1989)

1976年にドイツで結成されたヘヴィメタルバンド。
1989年に発表された5枚目のアルバム[Death or Glory]の1曲目に収録されています。

海賊をモチーフとしたコスチュームやステージセットで多くのフォロワーもいるベテランバンドです。
高校の学内バンドとして結成された[Granite Hearts]が1979年に現在のバンド名へと改名。
1983年には地元のNoise Recordsと契約をしてコンスタントにアルバムのリリースを重ねると共に精力的なツアーを行います。
1987年にリリースした[Under Jolly Roger]からは、これまでの悪魔的なイメージから脱却をして海賊のコスチュームに身を包むようになりました。
前作[Port Royal]を発表後にStefan Schwarzmann(Dr)が[U.D.O.]に引き抜かてIain Finlay(Dr)と交代するメンバーチェンジがありましたが、後にトレードマークともなる音楽性を完全に確立した本作をリリースします。
バンドの代表作であり過去最高の売り上げを記録した本作から、アルバムのオープニングを飾る勇猛なスピードナンバーがこちらです。

1分45秒の長い長いイントロは、徐々に徐々に熱気を上げていき、曲調が変Iain Finlay わったところで一気にリズムが疾走を始めます。
この展開は、ライブのオープニングを完全に意識しており、非常に胸が暑くなる展開です。

民謡チックなメロディをギターリフにも使っており、暑苦しさが倍増しているところもポイントが高いです。
単音の細い音でメロディを奏でるように構成されたリフ作りは、このバンドの持つ最大のオリジナリティです。

もちろん、リーダーであるRock’n’Rolfの眉間に青筋が浮き出るような歌い方も最高です。
とにかく、この曲はサビが勇ましい!
嵐の中を突っ切って進む海賊船の如きコーラスは、男らしさそのものです。
演奏力もこの時期のジャーマンメタルバンドの中ではピカイチです。

ギターのきめ細かいプレイやパワフルでどっしりとしたドラム等、聴きどころは非常に多くなっています。

90年代後半以降のメロディックパワーメタルのスタイルを作り上げたと言っても過言ではありません。
HammerfallThe Dragon Lies Bleedingなんか、完全にこの曲の影響を受けています。
メタルの歴史を語る上で非常に重要な超名曲です。
必聴!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました