【曲紹介】Warlock / All We Are

ウォーロック / オール・ウィー・アー (1987)

1982年に結成されたドイツのヘヴィメタルバンド。
1987年に発表された4枚目のアルバム[Triumph and Agony]の1曲目に収録されています。

ドイツ最強の女性メタルシンガーとして君臨するDoro Peschがフロントを務める超硬派なバンドとして人気を博したWarlockの代表的ナンバーです。

お〜うぃ〜あ〜!おうぃあ〜うぃあ〜!うぃ〜あ〜お〜!おうぃに〜!

一回聴いたら絶対に歌える一撃必殺のサビは超強力!
全身が筋肉で作られているかの如きパワフルさです。
ここまで力強いと、Acceptと対等に渡り合えるのではないでしょうか?

シンプルで覚えやすい構成は、それだけで魅力的です。
Aメロ、サビ、Cメロ、ギターソロ。
展開はこれだけ!
初めて曲を聞いた人でも、5小節目からは一緒に合唱できるほどのわかりやすさは奇跡的です。
余計な贅肉を削ぎ落として、全身筋肉でコーティングをしたような細マッチョ系のサウンドです。

やはり、メタルのライブはサビで大合唱できる曲が映えます。
一致団結したあの雰囲気。
この曲は、まさにそれがあります。

Doro姐の歌が、めっちゃくちゃ漢らしいんですよ。
ブロンドの華麗なルックスからは想像もできないようなドスのきいた声で「てめぇらついてきやがれ!」とばかりに煽りまくる。
最高です!

バンドはこの後、メンバーをU.D.O.に引き抜かれたのとマネジメントとのトラブルによりDoroのソロ名義での活動へと転向しますが、このナンバーはライブでは必ず演奏される定番曲です。
まさにドイツのメタルアンセム!
名曲!必聴!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました