【曲紹介】Possessed / Death Metal

ポゼスト / デス・メタル (1985)

1983年にカリフォルニアのサンフランシスコで結成されたデスメタルバンド。
1985年に発表されたデビューアルバム[Seven Churches]の10曲目に収録されています。

デスメタルを語る上で、フロリダDeathと共に創始者として語られることの多い伝説のバンドです。
結成後、幾度かのメンバーチェンジを繰り返した後に二人の高校生を含むラインナップが固まり、デモテープの[Death Metal]リリースします。
それが話題となり、Metal BLade Recordsとの契約を持ちかけられます。
ギタリストであるLarry Lalondeのガールフレンドの母親が地元の銀行の取締役を務めていたため、彼女にマネージャーを依頼して契約を締結。
その後発売された記念すべきデビューアルバムは、デスメタルのプロトタイプとして永きに渡って愛される名盤となりました。
その中から、デモテープに収められていたタイトルトラックをリメイクしたものがこちらです。

世間ではヘヴィメタルを更に過激にしたスラッシュメタルが徐々に勢力を強めていた時期。
ビッグ4と呼ばれるバンドの中ではAnthraxがいち早くメジャーデビュー。
MetallicaSlayerがそれに続けとばかりに快進撃を続け、その背後でMegadethが最初の作品をリリースするなどシーンは活発化していました。
そんな中、彼らはシーンには目もくれずに独自の音楽性を追求していました。

Venomからの影響が顕著な、非常にドロドロとしたアンダーグラウンドな雰囲気満載のサウンドに、元祖デス声とも言えるべきJeff Becerraの強烈な吐き捨て声を掛け合わせた、他のどのバンドもやろうとしていない独自のやり方でスラッシュメタルシーンに風穴を開けたのでした。

イントロで鳴り響くツインバスの連打と高速タム回しを使った摩訶不思議なドラムソロは、あのSlayerAngel Of Deathで似たようなプレイをしていることから影響を与えているであろうと容易に推測できます。
リズムキープ能力が完全に欠場したドラマーの加速と減速を繰り返すリズムが、見事に混沌とした世界を演出しています。
数年後に確立するデスメタルのセオリーに則って唐突に変化する曲展開などは、完全にプロトタイプとしての役割を果たしています。

レコーディング当時の最年少のメンバーは16歳の現役の高校生であり、授業に出なければいけないのでツアーに出られず、商業的な成功には程遠いバンドでした。
しかし数年後、この曲のタイトルが音楽ジャンルになってしまうなど誰が想像したでしょうか?
まさに、一つのジャンルを作り上げたパイオニアとして相応しい名曲です。

Possessedの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました