【曲紹介】Heed / Ashes

ヒード / アッシズ (2005)

2004年にスウェーデンで結成されたヘヴィメタルバンド。
2005年に発表された唯一のアルバム[The Call]の4曲目に収録されています。

かつてLost Horizonに在籍していたシンガーのDaniel HeimanとギタリストのFredrik Olssonを中心に結成されました。
Lost Horizonといえば、派手なコスチュームとメイクに包まれた一見イロモノに見えるルックスに反して、レベルの高い演奏と楽曲でメロディックパワーメタルの救世主として多くのファンを獲得した伝説のバンドです。
特に、Daniel Heimanの歌唱力は業界随一とも言える凄まじいもので、そんな彼が結成したバンドならば否が応にも期待は高まります。

ただ、音楽性としてはファンタジーやSFの色はかなり薄れ、Jonny Lindkvist加入後のNocturnal Ritesのような正統派ヘヴィメタルをプレイしています。

ある意味で無難な方向ですので、飛び抜けた個性が無いと大多数の中に埋もれてしまうのですが、HeedにはDaniel Heimanがいます。
彼の歌があればそれだけで強烈な個性です。
その中でも、特にメロディが際立っているのがこの曲!

Fredrik Olssonの書いた抒情的でエモーショナルなメロディラインを、パワー全開で熱く歌い上げ、ギターソロ中にはトレードマークである超音波とも言える強烈なシャウトまで聴かせてくれるのですから、その時点でファンが求めていたものの半分はクリアしています。
ギタープレイにしても、Lost Horizon時代に聴かせてくれたメロディアスなプレイが光っています。

バンドの雰囲気は大幅に変わりましたが、自身の持ち味をしっかりとアピールする姿勢は、非常に好感が持てます。
ただ、ほとんど注目をされずにセールスも惨敗。
バンドはほどなくして自然消滅に近い形で解散をしてしまいました。
非常に悔やまれる結果にはなりましたが、隠れた名曲としての輝きは今後も失われないでしょう。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました