【曲紹介】Hammerfall / Bloodbound

ハンマーフォール / ブラッドバウンド (2005)

1993年にスウェーデンで結成されたパワーメタルバンド。
2005年に発表された5枚目のアルバム[Chapter V: Unbent, Unbowed, Unbroken]の2曲目に収録されています。

1997年にメロディックパワーメタルの救世主として鮮烈なデビューを果たし、世界中のファンを歓喜させました。
[Running Wildや][Helloween]等から影響を受けたヒロイックなメロディによって、母国スウェーデン中心としたヨーロッパ全土から日本にも人気が飛び火します。
その盛り上がりは、作品を発表するたびに増すばかりでした。
音楽性の変化も徐々に見られ、[Manowar]や[Accept]からの影響が顕著な骨太な汗臭いサウンドへとシフトチェンジをしていきます。
ワールドツアーでバンドとしての結束を固め、メンバーの怪我によるアクシデントを休息時間に変え、心身共にリフレッシュした状態でレコーディングに臨んだ本作から、ミドルテンポのメロディアスなナンバーがこちらです。

重量感のあるサビのコーラスや、無骨で非常に単純な曲展開は真新しさは皆無ですが、予定調和に溢れたヘヴィメタルの王道サウンドなので安心して楽しめます。
それでいて飽きが来ないのは、バンドの持っているポテンシャルの高さの賜物です。

イントロのギターが奏でる勇ましい軍歌的なメロディは非常に丁寧に作り込まれていますし、サビはファンと一体になってシンガロングできるように工夫がされています。
何よりも、シンガーのJoacim Cansがクリアな声のおかげでメロディがとても引き立っています。
暑苦しい楽曲に清涼感を与えてくれる素晴らしいシンガーです。
初期はパワーメタルを歌うには線の細い頼りない印象を与えていたのですが、ここにきて目覚ましい成長を見せてくれました。

ヘヴィメタルのあるべき姿が美学として濃縮されています。
混じり気なし、あまりにも真っ直ぐでピュアなヘヴィメタルがここにあります。

Hammerfallの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました