【曲紹介】人間椅子 / 暗い日曜日

人間椅子 / 暗い日曜日 (1995)

1987年に青森県弘前市で結成されたロックバンド。
1995年に発表された5枚目のアルバム[踊る一寸法師]の2曲目に収録されています。

結成当初から3ピースのスタイルを貫き、一度も休止や解散せずコンスタントに活動を続けるベテランバンドです。
Ozzfest Japan2013への出演や海外公演も果たし、国内外問わず大きな注目を浴びました。
ただし、バンド活動は順風満帆ではありません。
本作発表当時はメジャーレーベルから契約を解除され、インディーズでの活動を余儀なくされました。
生活も荒み、自暴自棄な精神状態がサウンドに反映されたダークな楽曲が数多く並びます。
その中でも特に人気の高いメロディアスなドゥームメタルナンバーがこちらです。

Black Sabbath直系のブリティッシュハードロックサウンドと、初期の[井上陽水]を彷彿とさせるメロディラインを融合しています。
焦燥感にかられるギターリフや、絞り出すような声で絶叫しているのに何故か空虚な雰囲気漂うサビは、耽美で文学的な歌詞の世界観が見事に表現されています。
もちろん、バンドのトレードマークである卓越した演奏能力を活かしたアンサンブルも見事。
[King Crimsonに]に影響を受けたギターソロ前の変拍子パートは狂気すら感じます。

タイトルの元ネタは、1933年にハンガリーで発表された楽曲です。
ヨーロッパでは聴いた人間は自ら命を絶つと言われ、政府が放送禁止にした都市伝説まで存在します。
曲の雰囲気によく合う秀逸なタイトルです。

この世界観はファンから大きな支持を得て、そライブでは定番曲となるほどの人気ナンバーとなりました。
後にメジャーレーベルへ復帰を果たし、徐々に活動の幅を広げるバンドと苦楽を共にするパートナーのような名曲です。

人間椅子の他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました