【曲紹介】Candlemass / The Dying Illusion

キャンドルマス / ザ・ダイイング・イリュージョン (1992)

1984年に結成されたスウェーデンのドゥームメタルバンド。
1992年に発表された5枚目のアルバム[Chapter VI]の1曲目に収録されています。

名物ヴォーカルであったMessiah Marcolinが脱退し、スウェーデン屈指のオペラ歌手でありロックシンガーでもあるThomas Vikströmが加入しました。

アップテンポで邪悪な雰囲気が満載で、いくらか正統派ヘヴィメタル寄りになりました。
まるでTony Martin時代のBlack Sabbathです。

そして、嫌でも耳に入ってくるのがThomas Vikströmの凄まじい歌唱力。
どこまでも伸びるハイトーンは、圧巻の一言です。
元々はTalk Of The Townでポップなロックを歌っていた彼にとっては初めてのガチなメタルバンドなのではないでしょうか。
その中で、圧倒的な存在感を見せています。

Messiah Marcolinは豊かな声量と、表現力、そしてサイババのようなルックスを持つ優れたシンガーでした。
それに負けないパフォーマンスができるのはThomas Vikströmぐらいしかいないと思っています。
まさにスウェーデンの至宝です!

バックの演奏も安定のCandlemass。
ダウンチューニングのめちゃくちゃ攻撃的なリフの上に微かに味付けされたシンセの音が素晴らしい!
北欧メタルでないと、こういう雰囲気ってなかなか出せないですね。

Candlemassの作品の中ではかなり地味な印象のアルバムの中で、ギラリと光る隠れた超名曲です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました