【曲紹介】Destruction / Bestial Invasion

デストラクション / ベスティアル・インヴェーション (1985)

1982年にドイツで結成されたスラッシュメタルバンド。
1985年に発表された1枚目のアルバム[Infernal Overkill]の5曲目に収録されています。

同郷のSodomKreatorと並んでジャーマンスラッシュ三羽烏とも呼ばれ、ドイツのスラッシュメタルシーンを作り上げてきたバンドです。
地元のインディーズレーベルであるSteamhammer Recordsと契約して前年に発表したSentence of Deathがマニアの間で好意的に受け入れられたことで、セルフプロデュースによって満を辞して発表されたのが本作です。
その中から、ライブでは毎回演奏される定番曲となっている人気の高いナンバーがこちらです。

スタンダードなスラッシュメタルをイメージさせる凄まじいスピードでの演奏ではなく、地に足のついていないフワフワとしたビートが何とも不思議な雰囲気を醸し出しています。
おそらく演奏力が追いついておらず、単純に「出来ない」からでしょう。
事実、メンバーは全員未成年で演奏の経験も圧倒的に足りていません。

邪悪な雰囲気を出そうと慣れない歌い方を試みるも、大失敗をして苦しそうなうめき声を上げるだけのSchmier
言葉を選ばずに感想を述べると、リズムキープのできないただの下手糞であるドラムのTommy
プロとして作品を発表するには、あまりにもお粗末

ですが、この2つの致命的な弱点を補っているのがMikeのインパクトが絶大なリフワークです。
インタビューでMegadethのRattleheadから着想を得たと語る個性的なギターリフのおかげで、実際のテンポ以上にスピードを感じます。
まるで後ろから何かに追い立てられるような焦燥感を表現するには、これ以上なく相応しく思います。

他の曲にインスパイアされたにせよ、それをここまでオリジナリティに溢れたフレーズに昇華させられるのは、Mikeが紛れもなく天才プレイヤーだからでしょう。

若さと情熱だけに任せたゴリ押しとも言える演奏の中に、冷静にバンドを引っ張る司令塔がいたことで生まれた奇跡のアンサンブルです。
バンドが大きな飛躍を遂げるのは2000年代に入ってからですが、この頃からその片鱗を感じさせます。
制作予算と演奏力の欠如を溢れんばかりの情熱でカバーしながら生み出された、スラッシュメタルの歴史に残る名曲です。

Destructionの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました