【曲紹介】Cryptopsy / Phobophile

クリプトプシー / フォボファイル (1996)

1988年に結成されたカナダのテクニカルデスメタルバンド。
1996年に発表された2枚目のアルバム[None So Vile]の6曲目に収録されています。

数あるテクニカルデスメタルの中でも特に知名度の高いバンドです。
特にドラマーのFlo Mounierが凄まじいテクニシャンであること、そして普段はジャズドラマーであることで注目を浴びました。

美しいく壮健なピアノのソロで静かに曲が始まり、ベースのソロから一気に爆走します。
半端じゃないスピード感です。
テンポチェンジ、リズムチェンジ、なんでもありです。
音が嵐のように吹き荒れます。

一聴しただけでは、わけがわからないカオスな音像です。
このアルバムでドラム以外で大きな個性を出しているのがヴォーカルのLord Worm。
咆哮する野獣のような人間離れした声であり、歌詞を聞き取ることは困難です。
Cannibal CorpseのChris Barnesと並んで究極のデスメタルヴォーカルと呼ばれています。

こういうテクニカルデスメタルは、ただ音数を詰め込んでいるだけで一本調子になりやすいのですが、Cryptopsyの凄いところはしっかいと休符を大切にしているところ。

音を詰め込むところ、抜くところのメリハリがしっかりとあるんです。
テンポチェンジをするタイミングも絶妙です。
エンジン全開で走っていたと思ったら急ブレーキをかけ、一瞬徐行をしたのちにまたフルアクセルで爆走します。

それを操っているのがFlo Mounierのドラミングです。
当時としては常識外れのスピードで度肝を抜かれました。
ここまで激しい曲展開の中で一切ブレずに叩ききり、さらに人間らしいリズムの揺れを演出するなんて、開いた口が塞がりません。

まさに、テクニカルデスメタルの金字塔的一曲。
ここで一つの究極系を打ち出したと言っても過言ではありません。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました