【曲紹介】All That Remains / Not Alone

オール・ザット・リメインズ / ノット・アローン (2006)

1998年にマサチューセッツ州で結成されたメタルコアバンド。
2006年に発表された3枚目のアルバム[Fall Of Ideals]の3曲目に収録されています。

ホラー映画のSAW3のエンディングテーマに起用されて一気に知名度を上げました。
All That Remainsの最高傑作どころか、メタルコアの究極系とまで言われるほど人気の高い作品です。
「メタルコアって何?」って聞かれたらとりあえずこれを聴かせておけば大丈夫!

Aメロで咆哮し、サビではクリーンボイスでメロディアスに歌い上げるスタイルを最もバランスよく融合したのがこの曲です。
拍子を数えるのも面倒くさい、高速ツーバスと弦楽器のユニゾンから、一気に普通のメロディアスメタル風になる開放感がたまりません。

ギターリフもよく聴けばツインでハモりまくってメロディックデスメタルからの影響が強く感じられます。

この曲の凄いところはギターソロ!
まあ、クサいのなんのって!
サビのメロディをそのままギターソロで弾く禁じ手をやらかしてます!
それも2本でハモりながら!

反則でしょう?
こんなのやられたら降参するしかありません。

一歩間違えば最悪にダサいダメなパターンをここまでカッコよく仕上げるアレンジセンスに脱帽です。
メロディックデスメタル好きにも、正統派なメタル好きにも、メロスピ好きにも胸を張っておすすめできる隙のないナンバーです。
まさに、金字塔!

All That Remainsの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました