【曲紹介】Arch Enemy / Silverwing

アーチ・エネミー / シルヴァーウイング (1999)

1996年にスウェーデンで結成されたメロディックデスメタルバンド。
1999年に発表された3枚目のアルバム[Burning Bridges]の4曲目に収録されています。

メロディックデスメタルを代表する人気バンドで、叙情的な泣きのギターを全面に出したサウンドが特徴です。
[Carcass]を脱退したMichael Amottが[Spiritual Beggarst]と並行して趣味で立ち上げたプロジェクトでした。
ですが、デビューアルバム発表後の日本での人気爆発をきっかけに、正式なバンドとして本格的な活動をスタートします。
ベーシストに元[Mercyful Fate]のSharlee D’Angeloを迎えて発表した本作は、ブルータルな面とメロディアスな面のバランスが極限まで極まった名盤となりました。
その中で、デスメタルにおいて初めてメジャーキーを導入したことで話題になった代表曲がこちらです。

ドラマーのDaniel Erlandssonの実兄であるAdrian Erlandssonの在籍している[At The Gates]に直系のストレートなメロディックデスメタルなのですが、メロディの抒情性はその上を行っています。
イントロのフレーズからMichaelとChristopherのAmott兄弟の奏でる至極のツインリードが抒情性たっぷりのフレーズを連発しており、高速ビートに乗って爆走する展開は実に北欧的です。

ですが、この曲の最大の特徴はデスメタルにおいて初めてメジャーキーを導入したことにあります。
デスメタルとメジャーキーは、絶対に相逸れないものである認識は粉々に打ち砕かれました。

[The Square]の[Omens Of Love]にも似たどこまでも前向きで明るいフレーズは、後に青空デスメタルと呼び称されました。

曲のラストにかけては、胸を掻きむしるほどに哀愁が爆発した泣きのギターを聴くことができ、[Michael Schenker]への余すことなきリスペクトが感じられます。
どことなく、学生時代の甘酸っぱい思い出溢れる青春ドラマのワンシーンみたいな起承転結のあるストーリー性も感じられます。
メロディックの枕言葉が付くとは言え、デスメタルをプレイする上でこんなギターソロを弾こうと考えたMichael Amottは、天才と言う他ありません。

また、楽曲を引き立てている要素として未完成の演奏とこもった音質も聴き逃せない部分です。
マイナス要素になるばかりか、荒々しさを演出する素晴らしいエッセンスとして作用しています。
こればかりは、日本以外の国でも認知されて大きな飛躍を果たした状態では再現が困難な部分です。

まさに、後世に残すべき芸術作品と言っても過言ではありません。
メロディックデスメタルの究極系とも言える名曲は、全てのファン必聴です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました