【曲紹介】Krokus / Headhunter

クロークス / ヘッドハンター (1983)

1975年に結成されたスイスのハードロックバンド。
1983年に発表された7枚目のアルバム[Headhunter]の1曲目に収録されています。

へぇ〜〜〜っどはんたぁ!!!!

ついに来ました!
純度100パーセントのメタルサウンドが炸裂です!
前作では、[AC/DC]を模倣としたバッドボーイズなハードロックをやっていたバンドと同じとはとても思えません。
本場のイギリスでも、ここまでド直球なメタルはなかなかありませんでした。
[Judas Priest]に匹敵する超強力なスピードナンバーです。

それもそのはず。
プロデューサーは、[Judas Priest]をメタルゴッドまで押し上げたことで有名なあのTom Allomです。
イギリスから飛び火したヘヴィメタルのブームがアメリカに浸透し始めたことで、アメリカでのヒットをかなり意識したのでしょう。
おそらく、スイス初の本格的なメタル作品です。

激しいツーバスの連打から、ギターとベースが徐々に入っていき、劈くようなヴォーカルのシャウト。
最高にワクワクさせてくれるイントロです。

ヴォーカルのMarc Storaceの声が見事に曲とマッチしています。
メタルヴォーカルとしては珍しいハスキーなざらついた声なのですが、ハイトーンが非常によく伸びます。
ワイルドなシャウトも得意技で、曲のラストでの凄まじいハイトーンは一聴の価値あり!

ヘヴィメタルのムーブメントが後押しして、全米チャートで25位を記録してヒット作となりました。
スイス産バンドの底力を見せつけた作品です。

ちなみに、曲の構成が[Judas Priest]のExciterそのまんまです。

これも、Tom Allomの差し金でしょうね。
最高!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました