【曲紹介】Dream Theater / Pull Me Under

ドリーム・シアター / プル・ミー・アンダー(1992)

1985年にアメリカのボストンで結成されたプログレッシヴメタルバンド。
1992年に発表された2枚目のアルバム[Images And Words]の1曲目に収録されています。

プログレッシヴロックとヘヴィメタルを融合したばかりではなく、マニア以外の層にもアピールし得る大衆性を盛り込み、大きな成功を納めたバンドです。
1989年にデビューアルバムを発表した後、[Bruce Dickinson]やGeoff Tateのようなシンガーを求めるバンド側との意見の相違からCharlie Dominiciが脱退。
2年かけて200人をオーディションした結果、カナダ人のJames LaBrieをシンガーとして迎え、Atco Recordsと契約を結んでリリースされた本作は、バンドの代表作と呼ばれるほどの人気作品となりました。
その中から、Billbord Mainstream Rock Tracksで10位を記録した人気曲がこちらです。

透明感のあるギターアルペジオから、トライバルなドラムビートと優しい音色のシンセが加わり、Metallica顔負けのヘヴィなギターリフに雪崩れ込む展開は何百回聞いても鳥肌が立ちます。
Rushの複雑怪奇なのに何故か耳障りのいいポップセンスと、Metallicaの飛び切りヘヴィな音作りを見事に最高のバランスで融合させています。

本作から加わったカナダ人シンガーのJames LaBrieが実にいい仕事をしています。
前任であるCharlie Dominiciも十分に上手いシンガーだったのですが、それを凌駕する声域の広と安定感です。
これまで、プログレッシヴメタルは演奏は素晴らしいけれども歌がつまらないと言われて敬遠されてきた傾向にあります。
そのイメージを見事に打ち砕いてくれました。

曲展開のアレンジセンスも見事です。
しっかりと、覚えやすくてキャッチーなメロディを主軸に複雑な変拍子を要所に取り入れています。
これのおかげで、なんとなく聴いていてもインパクトとして耳にメロディが残るようになっています。
この匙加減が本当に難しい!
バランスを間違えると、ただの複雑で覚えにくいだけの曲が完成してしまいます。

この曲が名曲として語り継がれているのは、そのあたりのバランスが本当に優れていたからだと思います。
ここは、狙ってもなかなかできるものではありません。
新しいメンバーを迎え、レーベルとのトラブルも解消されて心機一転で臨んだ勝負作である環境が味方をしました。

その結果生まれたものが、Dream Theaterの楽曲人気投票で必ずトップ10入りする代表曲です。
ちなみに、ラストがぶつ切りで終わるのはアレンジを構築しすぎて終わりどころを失ってしまったために強制終了させたからとのことです。

Dream Theaterの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました