【曲紹介】Mayhem / Buried By Time And Dust

メイヘム / ベリード・バイ・タイム・アンド・ダスト (1994)

1984年にノルウェーで結成されたブラックメタルバンド。
1994年に発表された1枚目のアルバム[De Mysteriis Dom Sathanas]の7曲目に収録されています。

現代に続くブラックメタルのスタイルを思想も含めて作り上げた中心的バンドです。
メンバーチェンジを繰り返しながらデモ音源やミニアルバムをリリースしてアンダーグラウンドな活動を続けます。
しかし、1991年にアルバムの制作に入ろうとした矢先にDead(Vo)が猟銃で自らの頭を撃ち抜いてこの世を去ってしまうアクシデントが発生。
それに伴い、Necrobutcher(Ba)も脱退をしてしまいます。
残されたEuronymous(Gt)とHellhammer(Dr)は急遽ハンガリーの[Tormentor]で活動していたAttila Csihar(Vo)と[Burzum]のCount Grishnackh(Ba)にサポートを要請。
レコーディングが無事に完了し、リリースの準備をしている矢先の1993年初頭にバンドを更なる悲劇が襲います。
なんとEuronymousがCount Grishnackhに人間関係のトラブルで殺害されてしまい、アルバムの発表を待つことなくバンドは解散。
その翌年にEuronymousの追悼盤として彼が経営していたDeathlike Silence Productionsから本作はリリースされ、ブラックメタル史上最高の作品と称するファンも多くいる伝説的な名盤となりました、
その中から最も短く、曲展開もストレートなナンバーがこちらです。

他のアルバム収録曲が5分から6分という長さの中で、この曲だけは3分30秒と短くラストまでフルスピードで突っ走ります。
リズムチェンジや展開の変化はほとんど無く、かなりすっきりとした印象で作品の中でもかなり異色な存在です。

曲の屋台骨を担うのは、Hellhammerによる嵐のようなブラストビートです。
凄まじいスピードで繰り出されるキックとスネアの連打からは、地獄の豪華で焼かれて悶え苦しむ様子がイメージできます。
機械のように正確なリズムとはまた違う、人間的な揺らぎが楽曲の持つ暴虐性を更に増幅させています。

それに合わせてチリチリと棘のある音質でかき鳴らされるギターリフは、まるで吹き荒れるブリザードのよう。
[Black Sabbath]から始まった人を不安にさせる邪悪な音階を極限まで濃縮し、ひたすら繰り返されるフレーズは血の通ってない不気味さすら感じさせます。
激しい憎悪が音から滲み出ています。

その邪悪さを更に増幅させているのがAttilaの呻き声にも似た叫び声です。
[Venom]や[Bathory]に代表される濁声の低音ボイスを更に発展させ、まるで呪詛を唱えているかのような発声は驚くほど曲の世界観と合っています。
サポートメンバーとは到底思えない貢献度であり、後にバンドが再結成した際には正式メンバーとして迎えられたのも頷けます。

正直なところ、あまりにも邪悪でブラックメタルの表面だけ触れてみようと思っているリスナーにはオススメできません。
ですが根底にある思想や歴史について少しでも理解した上で聞いてみると、一気に引き込まれてしまいます。
まさにブラックメタルの創世記における究極形であり、歴史に名を刻む名盤の一部を構成する名曲です。

Mayhemの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

記事一覧(アルファベット順)
これまで紹介した記事をアーティスト名のアルファベット順で並べています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました