【曲紹介】Savage / We Got The Edge

サヴェージ / ウィー・ゴット・ジ・エッジ (1985)

1978年にイングランドで結成されたヘヴィメタルバンド。
1985年に発表された2枚目のアルバム[Hyperactive]の1曲目に収録されています。

NWOBHMのブームに乗って1983年にアルバムデビューし、当時としてはあまりにも過激なサウンドでスラッシュメタルバンドにも多大な影響を与えたバンドとして有名です。
代表曲の[Let it Loose]は、アマチュア時代の[Metallica]もライブで演奏していました。
その2年後、NWOBHMのブームも完全に終了した頃にひっそりと発表されたのがこの2ndアルバムです。
荒削りなスタイルからメロディアスなヘヴィメタルに変化を遂げましたが、発表するタイミングの悪さからセールスは大失敗となりました。
しかしアルバムのトップを飾るこの曲のおかげで、ダメな作品と切り捨てるには惜しい内容となっています。

[Motorhead]を更に過激にした突進力を持ったバンドはどこへやら。
まるで[Iron Maiden]のようになっており、イントロのツインリードのギターは特に印象に残ります。
時流に合わせてシンセドラムのサウンドも取り入れて、商業的な成功も視野に入れていたのでしょうか。
おそらく、目指しているところは洗練されてアメリカでも通用するサウンドです。

ただ、それにはシンガーの交代が必要でした。
曲の持っているシャープな質感と真逆の方向性を示している歌声は、間違いなくミスマッチです。
我武者羅に走りまくるサウンドの中では、ぶっきらぼうながらも存在感を示していた声も今回は完全に足を引っ張っています。

ですが、そこに目を瞑れば楽曲の内容はB級メタルマニアにアピールするものが充分に備わっています。
[Iron Maiden]みたいなヘヴィメタルを[Def Leppard]みたいにゴージャスなアプローチをしたい気持ちが伝わってきます。
かなり欲張りな願望ですが、サウンドを聴けば意気込みだけはよく伝わってきます。

アルバムの中で1曲だけ光る隠れた名曲ハンター御用達の名曲です。
マニアなら一度は聞いておくべし!

Savageの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました