【曲紹介】Possessed / The Exorcist

ポゼスト / エクソシスト (1985)

1983年にカリフォルニアのサンフランシスコで結成されたデスメタルバンド。
1985年に発表されたデビューアルバム[Seven Churches]の10曲目に収録されています。

デスメタルを語る上で、フロリダDeathと共に創始者として語られることの多い伝説のバンドです。
結成後、幾度かのメンバーチェンジを繰り返した後に二人の高校生を含むラインナップが固まり、デモテープの[Death Metal]発表します。
邪悪で混沌とした音楽性が話題となり、Metal BLade Recordsとの契約を持ちかけられます。
ギタリストであるLarry Lalondeのガールフレンドの母親が地元の銀行の取締役を務めていたため、彼女にマネージャーを依頼して契約を締結。
その後発売された記念すべきデビューアルバムは、デスメタルのプロトタイプとして永きに渡って愛される名盤となりました。
その中から、アルバムのオープニングを飾るインパクトの強い暴走するスピードナンバーがこちらです。

エクソシストのテーマソングがしばらく流れた後に飛び出してくるのは、ジャケット画像そのまんまな魑魅魍魎が闊歩する地獄のような世界。
初期衝動に任せるとか、そんな生優しいものではありません。

この世界観を作るのに一躍買っているのが、Mike Susです。
テンポキープの概念をぶっ壊す超強烈なドラムプレイです。
例えるとしたら、エンジンとブレーキを交互に全力で踏むようなプレイです。
聴いているだけで体を激しく揺さぶられます。

これだけだと、ただの滅茶苦茶なバンドであるイメージを持つでしょうが、実はギターが凄い!
ぐちゃぐちゃなリズムとは裏腹に、リフのセンスが抜群でテクニックもなかなかのものを持っています。
メインテーマとも言える中間部の単音フレーズなんて一度聞いたら忘れられないキャッチーさを持ち合わせています。

それもそのはず
Mike TorraoとLarry LaLondeの二人は、あのJoe Satrianiのレッスン生でした。
上手いわけです。

この曲が発表された当時、メンバーの若さも注目されました。
Jeff Becerra (Vo/Bass)とLarry LaLonde (Gt)が16歳
Mike Sus (Dr)が19歳
最年長のMike Torrao (Gt)でも20歳です。

こんな若者たちがジャンルの先駆者になってしまいました。
同世代の「後輩」たちが数年後、Possessed解散後にデスメタルを広めていくことになります。
まさに、全ての始まりです。

Possessedの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました