【曲紹介】Kamelot / Forever

キャメロット / フォーエバー (2001)

1987年に結成されたアメリカのパワーメタルバンド。
2001年に発表された5枚目のアルバム[Karma]の2曲目に収録されています。

デビュー当時は[Queensrÿche]や[Crimson Glory]に影響を受けた所謂「アメリカのバンドなのにヨーロピアンな雰囲気のプログレッシヴメタル」をやっていたバンドです。
1998年に同じレーベルに所属していた先輩バンドであるノルウェーの[Conception]からRoy Khanを加入させてから、徐々にシンフォニックな要素を増していきました。
そして、ついにバンドの個性を決定づけたのがこの曲です!

Edvard GriegのPeer GyntよりSolveigs Sang(ソルヴェイの歌)のフレーズを使ったイントロが流れた瞬間、ガッツポーズですよ!
感情を掻き毟られる泣きのギターでこのフレーズを弾かれて何も感じないメロディックメタルファンはおそらくいないでしょう。
イントロが衝撃的なメタルランキングでも間違いなくノミネートされます。

そこに乗るのがRoy Khanの激エロボイスです。
ノルウェーで声楽とオペラを学び、オペラとメタルどちらの道にでプロになるかの岐路でメタルを選んだガチな超本格化シンガーです。
非常に艶のある、中音域を中心に感情たっぷりに歌い上げるその声を聞くだけで耳が幸せ状態に陥ります。

特に、ギターソロ前で一旦ギターが消えて静かになるパートでの落ち着いた歌唱は彼の本領が発揮する瞬間です。
その後の盛り上がりも相待って、信じられないほどドラマティックに楽曲を彩ってくれます。

これまでの作品は、楽曲は良くても音質やアレンジセンスが追いついていない部分もありました。
しかし、この曲でその弱点を完全に克服し、隙のない名曲を完成させました。
まさに、メロディックパワーメタルを代表する超超超名曲です!

ちなみに、モチーフになった楽曲はこちら

ノルウェーのTNTがEnd Of The Lineのギターソロでフレーズを引用しています
日本でも大貫妙子が[みずうみ]のタイトルで日本語カヴァーをしています。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました