【曲紹介】Amorphis / Mermaid

アモルフィス / マーメイド (2011)

1990年に結成されたフィンランドのヘヴィメタルバンド。
2011年に発表された10枚目のアルバム[The Beginning of Times]の2曲目に収録されている楽曲です。

メロディックデスメタルバンドとしてデビューしましたが、この時期まで来るとデスメタルのデの字もありません。
ただただ、美しいメロディのヘヴィメタルです。
フィンランドでは、出すアルバムは常にチャートの1位を記録するまでになり最早国民的人気バンドまで上り詰めた頃に発表されました。

Amorphisの中ではかなり異色な透明感溢れるアップテンポの曲で、民族的なメロディよりも北欧メタルの王道とも言える叙情的なメロディが前面に押し出されています。
ピアノのアルペジオと女性ヴォーカルのスキャットで始まるイントロを聞いた瞬間、あまりに神秘的な雰囲気に息を飲みました。
そしてその後に飛び出すメランコリックなギターのメロディは、水の中を泳ぎ回る人魚を的確に表現できています。

悲壮感たっぷりのTomi Joutsenのクリーンヴォーカルもお見事!
所謂メタルヴォーカルとしての力強さとは対照的な、中音域をメインに朗々と歌うスタイルがAmorphisの個性になっています。

個人的なハイライトは、ラストで聴けるキーボードソロです。
Eternal Tears of Sorrowkalmahをはじめとした北欧メロデスバンドがお得意とする「あの」シンセリードの音です。
もう、たまりません。
短いソロなのですが、胸を掻き毟られる思いです。

この曲を聞くと、ゲームのワンシーンが浮かんできます。
横スクロールアクションゲームで、水の中に沈んだ神殿ステージです。
人魚の姿をした強敵たちを掻い潜って進む中盤の難所がイメージされます。

北欧らしいメロディに満ちた会心の1曲!
ゲームミュージックファンにも超おすすめ!

Amorphisの他の楽曲紹介はこちらから!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました