【曲紹介】Slayer / Fight Till Death

スレイヤー / ファイト・ティル・デス(1983)

1981年にアメリカのカリフォルニアで結成されたスラッシュメタルバンド。
1983年に発表されたデビューアルバム[Show No Mercy]の4曲目に収録されています。

Big4と呼ばれるアメリカを代表するスラッシュメタルの中でも、特にスピードと過激さにこだわった作風でファンから帝王と呼ばれていたバンドです。
当時高校生だったKerry King(Gt)とDave Lombardo(Dr)によって結成され、そこにTom Araya(Vo/Ba)とJeff Hanneman(Gt)が合流。
過激なフェイスペイントや逆十字を用いた悪魔的なイメージを全面に出しながら[Iron Maiden]や[Judas Priest]、[Venom]のカヴァーを演奏しつつも次第にオリジナル曲を増やしていきます。
1983年に[Bitch]の前座でWoodstock Clubに出演していた際に、たまたま会場に来ていたMetal Blade RecordsのBrian Slagelに見出されてコンピレーションアルバムの[Metal Massacre III]に参加。
それがアンダーグラウンドで話題を呼び、Metal Blade Recordsとの契約を交わしてデビューアルバムのレコーディングを行います。
資金難からメンバーたちの自腹を切ってのレコーディングのために音質面に難はありましたが、後のライブでも定期的に演奏される楽曲を含むファンから愛される名盤となりました。
その中から、特に悪魔的なイメージを漂わせているナンバーがこちらです。

まだスラッシュメタルとしてのアイデンティティが確立しておらず、正統派ヘヴィメタルを早回しで演奏するスタイルだった頃のSlayerです。

とにかく、イントロのリフがものすごくキャッチーです。
俗に言う口ずさめるリフ。
演奏力がスピードに追いついていないゆえに、ドタバタした独特のスピード感
チープな音質と相まって、思わず「頑張れ若者!」と応援したくなります。

次作からかなりガチなスラッシュメタルバンドに変貌して、失われたものがこの曲にはあります。

この路線を推し進めた結果、歴史を覆す大傑作であるHell Awaitsが誕生しました。
そういう観点でも、歴史を語る上で避けては通れない名曲です。

スラッシュメタルのプロトタイプを辿りたい方は必聴!

Slayerの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました