【曲紹介】Vader / Wings

ヴェイダー / 翼 (2000)

1983年にポーランドで結成されたデスメタルバンド。
2000年に発表された4枚目のアルバム[Litany]の1曲目に収録されています。

東欧地域のデスメタルバンドとしては圧倒的人気を誇るバンドであり、ポーランドで最も成功したヘヴィメタルバンドとしても有名です。
前作のBlack to the Blindが本国ポーランドにてHR/HM部門でトップの売り上げを記録したことにより、アメリカの大手レーベルであるMetal Blade Recordsとの契約に成功します。
そして、全米ツアーとTestamentとのダブルヘッドライナーによるヨーロッパツアーを大成功させ、バンド内のテンションも最高の状態でレコーディングに臨んだ本作は、デスメタル史に残る奇跡の名盤として語り継がれることとなりました。
その中から、アルバムのオープニングを飾るインパクト絶大なブルータルなナンバーがこちらです。

とにかく、バスドラム!
この曲はバスドラムの音圧です!

ドム!ドム!ドム!ドム!ってEDMのバスドラムみたいな音です。
それをツーバスでドドドドドドドド!って踏むんですから、音が壁のように押し寄せてきます。
ブラストビートなんて、ドガガガガガガ!と削岩機のような音になってます。

デスメタルにしては、非常に珍しいミックスのやり方。
何故こんな音にしようと思ったのか。
普通のセンスでは考えられません。
その結果、リスナーに強烈なインパクトを与え、バンドの代表曲となりました。

ただ、いくら音質にインパクトがあっても曲が悪かったらそのうち飽きられます。
やはり、丁寧に作り込まれた楽曲の素晴らしさも多くの人に愛される要因になっています。

まず、リフが非常にシンプル。
邪悪な不協和音の音階をひたすら行ったり来たりのリフをひたすら繰り返すだけ。
この心地よい繰り返しで楽曲を印象付けています。
めちゃくちゃ、覚えやすいんですよ、このリフは。

リズムの緩急の付け方が絶妙!
飽きるかなと思ったところでスピードダウン。
そして、また爆走。
再度スピードダウンしたと思えば、テンポを変えて怒涛のツーバス連打パートです。
まるで、ジェットコースターに乗せられているかのような興奮が味わえます。

まさに、デスメタル入門編にぴったりの名曲中の名曲!
わたしも、この曲が初めてのデスメタルでした。
ヴォーカルの声も所謂ガチなデス声では無いので非常に聴きやすいです。
インパクトと聞きやすさを兼ね備えた優しいデスメタルの代表作です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました