【曲紹介】Vengeance / Last of the Fallen Heroes

ヴェンジェンス / ラスト・オブ・ザ・フォーリン・ヒーローズ (1992)

1982年に結成されたオランダのハードロックバンド。
1992年に発表されたバンド解散に伴う企画アルバム[The Last Teardrop ’84-’92]の3局目に収録されています。

シンガーのLeon Goewieが脱退し、代わりにイギリス人のIan Parryが加入して新曲をレコーディングをするも、バンドの解散が決まってしまった為にベスト盤に収録された所謂「オマケ」的な楽曲です。
しかし、クオリティがオマケどころのレベルではありません。
非常に高品質なメロディアスメタルに仕上がってます!

静かなアコースティックギターのイントロから、とびきりヘヴィなギターリフが炸裂!
内に秘めたる炎がメラメラ燃え上がるようなミドルテンポのナンバーです。
ヴォーカルのIan Parryは、素晴らしい歌声の持ち主です。
前任のLeon Goewieは、どちらかと言えばコミカルで少し癖のある声質でした。
それに対してIan Parryは声域が広く非常にパワフルな美声を響かせるタイプのシンガーです。

そのIan Parryの声質に見事にマッチした曲をよくぞ作ってくれたと思います。
イントロからサビにかけての盛り上がりは、お見事!
アニソンチックなメタルソングの中では最上級の完成度です。

その後、Ian Parryのソロ活動が日本で成功したことに伴い、過去に在籍していたバンドとして、この曲を含む彼がVengeanceで録音した楽曲を集めたアルバム[Last of the Fallen Heroes]が日本限定でリリースされました。
そして、本国オランダでも幻のアルバムとして話題になります。
1997年にバンドが再結成をしたため、数曲のリミックスとボーナストラックを入れて2000年に[Wings of an Arrow]のタイトルで遂にオランダでもリリースされたのでした。

まさに、Ian Parryがワールドワイドで成功する足がかり的な名曲です!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました