【曲紹介】Destruction / Curse the Gods

デストラクション / カーズ・ザ・ゴッズ (1986)

1982年に結成されたドイツのスラッシュメタルバンド。
1986年に発表された2枚目のアルバム[Eternal Devastation]の1曲目に収録されています。

同郷のSodomKreatorと並んでジャーマンスラッシュ三羽烏とも呼ばれ、ドイツのスラッシュメタルシーンを作り上げてきたバンドです。
デビューEPのSentence of Deathと1stアルバムのInfernal Overkillがスラッシュメタルマニアに熱狂的な支持を得て、それに続けとばかりにManfred Neunerをプロデューサーに迎えて制作された作品は、スラッシュメタルの歴史に残る名作となりました。
その中から、狂気に満ち溢れたリフワークとヴォーカルワークが魅力的なバンドの代表曲がこちらです。

不安を掻き立てる不協和音のインストから、ミドルテンポでザクザク刻まれるギターの音を聞いた瞬間、驚きました。
高音がブーストされてやけに耳につく音質で、こんな奇妙なギターサウンドはメタルではなかなか聴くことができません。

これから何が起こるのだろうかとワクワクさせられるイントロから一変、突然大爆走を始める展開は、階段の上から工具箱をひっくり返したかのような衝撃です。

このスピード感を担うのが、Tommyのドラム!
彼のドラムは基礎が全くできていないので、テンポーキープ力とリズムキープ力が皆無です。
曲の展開が変わったらノリが変わってしまうし、スネアの連打を入れればテンポはよれて思いっきりずっこけます。
でも、これがいいんです。

この前のめりに転んでしまいそうなスピード感は、彼にしか出せません。
事実、本作以降で彼よりも数百倍上手いドラマーたちがこの曲を叩いていますが、この雰囲気を再現出来ていません。

目まぐるしく変わる曲展開の中で、極悪で印象的なリフが怒涛のように押し寄せてきます。
1つの曲で、いくつのギターリフを使っているのかわからないほど。
天才ギタリストであるMikeの才能が大爆発を起こしています。

この曲で最も特筆すべきは、Schmierです。
素っ頓狂な奇声を上げるスタイルになっております。
そのため、狂気に満ちた雰囲気が出て、スラッシュメタルの醍醐味が詰まっています。

決して一本調子ではなく、曲構成も非常に丁寧に作り込まれています。
テンポチェンジやリズムチェンジも多用し、かなりの緩急がついた展開です。
この1年で相当な練習と経験を積んだことがよく伝わります。
Destructionのライブでは必ず演奏される代表曲!
ジャーマンスラッシュを象徴するガチ名曲です!

Destructionの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました