【曲紹介】Grim Reaper / See You in Hell

グリム・リーパー / シー・ユー・イン・ヘル (1983)

1979年にイングランドで結成されたヘヴィメタルバンド。
1983年に発表された1枚目のアルバム[See You in Hell]の1曲目に収録されています。

NWOBHMのムーブメントもひと段落した頃に彗星の如く現れたバンドであり、アメリカ進出も果たしたにも関わらず、レーベル移籍のトラブルにより飛躍出来ず解散した悲運のバンドです。
Steve Grimmettの圧倒的な歌唱力で、時代を超えて愛されているデビューアルバムの中でも、バンドの象徴として最も人気の高いナンバーがこちら!

楽曲自体は非常にオーソドックスな憂を帯びたアップテンポのブリティッシュメタルであり、Aメロとサビしか存在しないシンプル極まりない構成です。
ここまでシンプルな楽曲を名曲に変えてしまうのが、冒頭でも紹介したSteve Grimmettの歌唱力です。

ハイトーンになっても決してパワーが損なわれず、ドスの効いた中音域も安定感が抜群。
更に、ブリティッシュメタルによくある憂を帯びたハスキーな声質を持っているため、一片の隙もない素晴らしいシンガーです。
大きな体と、個性的なルックスも相まって多くのファンを魅了しました。

そして、しつこいほどのタイトル連呼によって何度も聞きたくなるような中毒性を与えてくれます。
他の楽曲にも言えることなのですが、イントロで曲のタイトルを絶叫します。
そして、サビでは毎度8回はタイトルを唱えるのです。
ライブでは、間違いなくシンガロングが巻き起こるヘヴィメタルにおいて王道な展開です。
発表翌年にはアメリカでメジャーレーベルであるRCAレコードから配給され、全米チャートでは27週に渡って100位以内に留まるヒット作となったのも、このシンプルな構成が要因ではないでしょうか?

2017年には不幸にも感染症で片足を失ってしまったSteve Grimmettですが、必死のリハビリの末に義足をつけてステージに舞い戻り、2022年に亡くなるまで元気に歩き回りながらこの曲を大勢の前で披露してきました。
NWOBHMのムーブメントを象徴する、永遠に語り継がれるべき名曲です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました