【曲紹介】Exodus / Piranha

エクソダス / ピラニア (1985)

1979年にカリフォルニア州リッチモンドで結成されたスラッシュメタルバンド。
1985年に発表されたデビューアルバム[Bonded by Blood]の6曲目に収録されています。

アメリカ西海岸を拠点にしているベイエリアクランチと呼ばれるスラッシュメタルバンドにおいて、トップに君臨するベテランバンドです。
スクールバンドとして結成され、数本のデモ音源をリリースするなど活動をしていましたが、創設メンバーのKirk HammettがMetallicaに引き抜かれたりと相次ぐメンバーチェンジに翻弄され、活動は苦戦を強いられます。
1984年にようやくマネージャーのTorrid Recordsとの契約を果たし、アルバムジャケットの問題でリリースが遅れたものの、スラッシュメタルの歴史に残る名盤と呼ばれるデビューアルバムをリリースします。
その中から、攻撃的なリフと叩きつけるようなドラミングが爽快な人気曲がこちらです。
ダカドコダカドコダカドコダカドコダカドコダカドコダカドコバーン!

イントロのドラムで名曲確定!
そう言っても過言ではないぐらい印象的なオープニングです。
そして、高速で切れ味よくギャロップするギターリフ
リズムを超前のめりにグイグイ引っ張るドラム

このスピード感は、自然に頭を振り回したくなる衝動にかられます。

イントロが終わると、リズムが突然変わりヴォーカルのPaul Baloffがついに登場します。

個人的に、スラッシュメタル 史上最強のヴォーカリストです。

まず、ヴォーカルなのに歌を歌っていないんです。
音程もリズムも関係無く喚いているだけです。

まさに狂気
そして凶器
一言でも口答えしようものなら、金属バットでぶん殴られそうな迫力です。

歌が終わり、ギターソロに入ると、再度イントロのリズムにチェンジ
エンジン全開で爆走を始めます。
この、リズムのメリハリが本当に素敵です。

スピード感の要になっているのは、Tom Huntingのドラミングです。
スネアドラムを叩く直前にバスドラムを入れるのですが、その間隔が極端に短いんです。
なので、凄く慌ただしい感じで転がるようなノリになります。
このプレイは、リズムをキープする能力がよっぽど優れていないと演奏が崩壊する諸刃の剣。
それをやってのけるのは、スーパードラマーである証です。

ベイエリアのスラッシュメタルの代名詞とも言える名曲中の名曲!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました