【曲紹介】Agent Steel / Agents of Steel

エージェント・スティール / エージェンツ・オブ・スティール(1985)

1984年にロサンゼルスで結成されたスピードメタルバンド。
1885年に発表されたデビューアルバム[Skeptics Apocalypse]の2曲目に収録されています。

デビュー前のMegadethにも所属していたシンガーのJohn Cyriisを中心に結成されました。
その直後にレコーディングされたデモ音源の144,000 Goneが話題となり、ニューヨークにあるスラッシュメタルバンドの登竜門ともなっているCombat Recordsと契約を結びます。
こうして発表したデビューアルバムは、正統派ヘヴィメタルをスラッシュメタルを超えるスピードで演奏するスタイルが話題となり、マニアの間で名盤として愛されています。
その中でも、バンドの代表曲とも言える人気ナンバーがこちらです。

ドタバタと忙しないビートで突き進む極めてシンプルな構成なのですが、特筆すべきはそのスピード感です。
スラッシュメタルは速いテンポでの演奏を前提に成り立っているので、ある程度の整合感が感じられることが多くあります。
この曲に関しては、無理矢理テンポを上げたであろうことが容易に想像できるほどリズムが前のめりで慌ただしく感じます。

その慌ただしさを演出する上で重要なファクターとなっているものが、John Cyriisのハイトーンです。
Judas PriestRob HalfordQueensrycheのGeoff Tateに多大な影響を受けているであろうサビの最後で毎回出てくるシャウトは、まるで宇宙の彼方まで届くレーザービームのようです。

当時のヘヴィメタルはリスナーに与えるインパクトを非常に大切にしていました。
ロサンゼルスの音楽シーンには、派手な化粧や衣装等の視覚的なバンドで溢れていました。
Agent Steelの場合はそれらに頼らず、シンガーのハイトーンとスピード感溢れるサウンドの2つでリスナーにインパクトを与えています。

実際に聞いてみると、Iron Maidenから影響を受けている極めてオーソドックスなヘヴィメタルであり、リフもギターソロでのツインリードも教科書に掲載されているかのようなシンプルなものです。
そこをスピードとシンガーのキーの高さでここまでインパクトの強いものに変えてくれるのですから、着眼点としては素晴らしいアイデアです。

80年代のマイナーメタルを語る上では非常に重要な楽曲であり、マニアと交流する際に話題に上がればかなりの確率でサビの合唱が起こるであろう歴史を超えた名曲です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました