【曲紹介】Winger / Pull Me Under

ウインガー / プル・ミー・アンダー (2009)

1987年にニューヨークで結成されたロックバンド。
2009年に発表された5枚目のアルバム[Karma]5曲目に収録されています。

卓越したテクニックを持ったメンバー達がポップでメロディアスなグラムメタルを演奏するユニークな発想が人気を博し、全米チャートを賑わせたバンドです。
音楽シーンの変化に伴い1994年に一度解散をしますが、2001年に再結成を果たし、イタリアの名門メロディックロックレーベルであるFrontiers Recordsと契約を結んで2005年に復活作をリリースをします。
本作はそれに続く復活第二弾作品であり、初期2作のメロディアスな側面と、その後2作のヘヴィでテクニカルな側面を融合した名盤となりました。
その中から、メタリックでメロディアスなアップテンポナンバーがこちらです。

もう、ごりっごり!
ばっきばき!
ぶっといヘヴィなサウンドで圧倒してくれます。
そこらの若手ミュージシャンや、久しぶりの再結成でえっちらおっちらやってるオッサンたちでは到底出せない超骨太ロックです。

特に、Kip Wingerのベースの音がとてつもなく太い!
腹にブリブリと脳天に響く最高のサウンドです!
他の音を全部かき消してしまうかと思いきや、Rod Morgensteinの非常に抜けのいいドラムサウンドがヘヴィさを倍増させてくれています。
この人、やばいぐらい上手いんですよ。
Dixie Dregsで超テクニカルなフュージョンスタイルのドラムを叩いたと思えば、Dream Theaterにも加入できるんじゃないかってぐらい変態変拍子のメタルドラムまで叩けちゃうんです
Kip WingerもReb Beachも彼の大ファンで、その縁で一緒に活動しています。

イントロからガチなメタルのリフが出てくるのでビックリしますが、歌が入ればいつものWingerです。
ただ、サビになると様子が一変。
やばいぐらいの哀愁をぶちまけたメロディアスロックに変貌します。
ギターの空間系アルペジオの使い方とかセンスが良すぎてうんこ漏らしそうになります。

そして、ギターソロになったらそこはReb Beachのワールド。
え?いいの?
俺、弾きまくっていいの?
なんて顔しながらテクニカルなソロを惜しげもなく出しまくっています。
こうでなくっちゃ!

曲展開は非常にシンプルなのですが、演奏力とメロディとアレンジセンスで全てをねじ伏せるスタイルがたまりません。
曲が終わる時のコードが、お洒落なのもポイントが高いですね。
メタルには全く不必要なコード使っちゃってます。
でも、Wingerが使うと嫌味がないんです。
凄いバンドです。

いつの時代も普遍的に愛される骨太なハードロックの名曲です。
もちろんライブでも定番ソングです!

Wingerの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました