【曲紹介】Saxon / Top Of The World

サクソン / トップ・オブ・ザ・ワールド (2015)

1977年にイングランドで結成されたヘヴィメタルバンド。
2015年に発表された21枚目のアルバム[Battering Ram]の8曲目に収録されています。

Judas PriestIron Maidenと共にブリティッシュメタルシーンを最前線で引っ張ってきた大ベテランバンドです。
多少の音楽性の変化やセールス面での浮き沈みはあったものの、一度も解散せずコンスタントに作品を発表し続けています。
前作であるSacrificeではヘヴィメタル界の売れっ子プロデューサーであり、Sabbatのギタリストとしても知られるAndy Sneapとタッグを組み、非常に純度の高いピュアなメタルサウンドを作り上げてファンから非常に高い評価を得ることに成功しました。
その路線を継承するかの如く同じ路線を貫いた作品からの、メロディアスなナンバーがこちら!

スピード感のあるギターリフに乗せて、いかにもブリティッシュメタルらしい美しいツインリードのハーモニーを奏でるイントロを聴けば、デビュー当時から続くSaxonらしさがこれっぽっちも損なわれていないことに安堵するファンも多いと思います。
Aメロのバッキングでギターの奏でる哀しい響きの短音アルぺジオのフレーズには、長い活動で酸いも甘いも経験してきた積み重ねを感じられます。

良質なヘヴィメタルにとって必要なところは全て押さえていながら、飛び抜けた個性が無い楽曲の中でバンドをここまで生きながらえさせているものといえば、不動のフロントマンであるBiff Byfordの堂々とした歌唱です。
一聴しただけでその人だとわかる、どこか哀愁をほんのり感じさせる野太い声があるからこそ、バンドのマンネリ化が防げているのだと改めて感じました。

盛り上がりそうで盛り上がり切らない何とも痒いところに手の届かない感覚が次第に癖になるのは、ファンの望んでいるポイントは絶対に外さずに守ってくれる絶大な信頼感があるからです。
このあたりは、ジャンルは違えどAC/DCにも通じるものがあります。
伝統的なメロディックなヘヴィメタルを現代の音質で無難に聴きたいリスナーには、是非ともお薦めしたいナンバーです!

Saxonの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました