【曲紹介】Pantera / Cowboys from Hell

パンテラ / カウボーイズ・フロム・ヘル (1990)

1982年にアメリカのテキサス州で結成されたヘヴィメタルバンド。
1990年に発表された5枚目のアルバム[Cowboys from Hell]の1曲目に収録されています。

端に尖ったサウンドと、うねるようなリズムで『グルーヴメタル』のジャンルを作り、音楽シーンを変えた伝説のバンドです。
VincentとDarrellのAbbott兄弟によって結成され、彼らの父親をプロデューサに自主レーベルから作品をリリースしながらローカルな活動をしていました。
1988年にシンガーをPhil Anselmoにチェンジしてからはグラムメタルの衣装を脱ぎ捨て、パワーメタルのスタイルへ方向転換。
それがきっかけで、メジャーレベルのAtcoと契約を交わします。
こうして発表されたメジャーデビューアルバムのトップを飾る、バンドの代表曲がこちらです。

Diamond Darrell(後にDimebag Darrellに改名)の脳天に突き刺さるような尖った音色のギターリフは、これまで誰も聴いたことのない、それは強烈な音色でした。
音の壁が迫ってくるかのようなグイグイと押し付けてくるフレーズが最高にワクワクさせてくれます。
こんな音色を出されたら、他の楽器の音がかき消されるんじゃないかと思いきや、それも杞憂に終わります。

Diamond Darrellの実兄であるVinnie Paulの叩くドラムが強烈!
バスドラムの音は、ゴム毬を鉄板に叩きつけたようなベチベチとアタックの強い音色に、スネアの音はバチーン!と中音域を強調した破裂音です。
ギターの音に1パーセントも負けていないパワフルな音を鳴らしています。
この相乗効果で、まるで顔面を殴られたかのような衝撃を受けました。

Rex Brownの弾くベースの音も、ガリガリのゴリゴリ。
低音部分は最小限に、ギターの帯域とかぶらないようアタックの音を強調してボトムを小ています。
この音色がユニゾンしながら迫ってくるんです。

カッコ良すぎて死にそう。

そして、そこに乗るのは野獣のようなPhil Anselmoのヴォーカルです。
今にもスピーカー越しに噛み付いて来そうなほど攻撃的なシャウトを中心とした歌は、スラッシュメタルとはまた違った魅力を感じさせてくれます。

スラッシュメタル的質感だけれども、決してスピードに頼らずにうねるグルーヴを主体に体を揺らすスタイルです。
ヘヴィメタルは早くてなんぼ!
それを真っ向から否定し、さらに攻撃性を強める偉業を成し遂げました。
デビュー曲にして代表曲!
ニューメタルの幕開けには最高にふさわしい名曲です!

Panteraの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました