【曲紹介】Angra / Carry On

アングラ / キャリー・オン

1991年にブラジルで結成されたヘヴィメタルバンド。
1993年に発表されたデビューアルバム[Angels Cry]の2曲目に収録されています。
[Viper]で2枚のアルバムを残して脱退したAndre Matos(Vo)が、音大でオーケストラの教育を本格的に受けた後にRafael Bittencourt(Gt)と共に立ち上げたバンドです。
メンバーチェンジを繰り返しながらもレコーディングしたデモテープの[Reaching Horizons]が話題となり、ドイツに渡って[Helloween]や[Gamma Ray]での活動で知られるKai Hansenの所有するスタジオでのレコーディングを行いました。
こうして完成したデビューアルバムは、メロディックパワーメタルにシンフォニックなエッセンスを多分に含んだ楽曲がアジアとヨーロッパで大きな話題となります。
その中から、バンドの代表曲として非常に人気が高くライブでは必ず演奏されるナンバーがこちらです。

曲に入った瞬間のギターフレーズから、インパクトが絶大です。
こんな個性的なフレーズ、メタルギタリストにはなかなか思いつかないですよ。
プログレッシヴメタルの要素の入った複雑でドラマチックな展開も、アピールポイントの一つです。

ただ、歌が入った後は直球ドストレートなメロディックパワーメタルです。
そこに、音大でクラシックを正式に学んだメンバーたちのセンスをバランスよく融合させて当時としては非常に斬新なスタイルが出来上がりました。
これには、レコーディングをしたスタジオ所有者であるHelloweenやGamma Rayでの活動で有名なKai Hansenの影響が色濃く出ていると思います。

何よりも素晴らしいのはAndre Matosの声です。
ヘヴィメタルのシンガーとしては線が細くマイルドな声質ですが、これが曲に非常に良く合っています。
荒々しさの全くない優しく、そして前向きで希望に満ちた新しいヘヴィメタルを作り上げています。

サビのメロディラインが本当に秀逸!
まるで声楽を聴いているようなメロディラインです。
これを透き通ったハイトーンで歌われたら天にも登る気持ちになります。

元から非常にキーが高いのに、最後のサビではなんと転調!
あんた、どっから声が出てるのよ?
本当に凄いシンガーがいたものです。
47歳の若さでこの世を去ってしまったのが惜しまれます。

まさに、メロディックで速くてクラシカルな音楽を求めるすべての人に贈る必聴ナンバーです!

Angraの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました