【曲紹介】Soilwork / Full Moon Shoals

ソイルワーク / フル・ムーン・ショールズ (2019)

1995年にスウェーデンで結成されたエクストリームメタルバンド。
2019年に発表された11枚目のアルバム[Verkligheten]の4曲目に収録されています。

デビュー当時はメロディックデスメタル界の若き新星と呼ばれていましたが、作品を重ねる度に音楽性が徐々に洗練されたものに変化。
2002年にDevin TownsendがプロデュースをしたNatural Born Chaosでデスメタルサウンドからの脱却を果たした後は、クリーンヴォーカルと抒情的なギターワークを中心とした独自のヘヴィメタルを表現する路線へと舵を取りました。
一時期は同じような作風の作品が続く中でマンネリ化が懸念されていましたが、その状況を打破せんとばかりにメロディアスな部分を強調したのが本作です。
その中でも特にメロディ寄りのナンバーがこちらです。

イントロで奏でられる都会的な雰囲気が漂うメロウなギターはインパクト絶大で、まるでAORの作品を聴いているかのような錯覚を覚えます。
デスヴォイスもほとんど使用せず、9割がクリーンボイスで歌われているため、デスメタルバンドだった頃の面影はほとんど残っていません。

サビには非常に壮大でドラマチックなメロディであり、作曲したシンガーのBjörn StridがサイドプロジェクトとしてやっているThe Night Flight Orchestraからの影響も少なからずあるのではないかと推測できます。
あちらは、70年代から80年代にレイドバックしたソフトなクラシックロックバンドなので、この曲の音楽性ともリンクしている部分が感じられます。

全体的にゆったりとしたミドルテンポのナンバーなのですが、中間部分ではメタルコアのような疾走ビートやブラストビートも取り入れて、エクストリーム・メタルとしてのアイデンティティは辛うじて保っているところも好感が持てます。

メロディックデスメタルバンドとしてのSoilworkを覚えているファンたちにも十分にアピールのできるメロディアスナンバーの名曲です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました