【曲紹介】Icon / Danger Calling

アイコン / デンジャー・コーリング (1985)

1979年にアリゾナ州フェニックスで結成されたヘヴィメタルバンド。
1985年に発表された2枚目のアルバム[Night of the Crime]の3曲目に収録されています。

アメリカのバンドながら、ヨーロピアンな哀愁に彩られたメロディで人気を博したバンドです。
Mike VarneyのプロデュースでCapitol Recordsからリリースされたデビューアルバムの[Icon]は、派手なルックスとは裏腹にブリティッシュメタルにも通じるシリアスな内容でマニアの間で人気に火がつきます。
人気に反してメンバーの負傷のトラブルでプロモーションツアーができずに売り上げが伸び悩みますが、Eddie Kramerをプロデューサーに招いて商業的な成功を図った本作を発表。
その中から、哀愁の溢れるメロディが人気のミドルナンバーがこちらです。

Judas PriestやLee Aaronに楽曲提供を行なっていたBob Halligan Jr.と共作したこの曲は、都会の冷たいコンクリートを感じさせるクールな雰囲気に溢れています。
何よりもまず、キャッチーで耳に残るサビが強烈。
[Sheila E.]の[The Glamorous Life]と似たエモーショナルに歌い上げるサビは、一度聞いたら耳に残って忘れることはできません。
カウンターメロディーとして入るツインリードのギターも、いかにも意図的なものを感じます。

また、時代を感じさせる深くかかったリヴァーブもいい味を出しています。
ここまでやりすぎるとお風呂屋さんサウンドと言われてしまいそうですが、楽曲の雰囲気と不思議なぐらいマッチしていて不自然さがないんですよ。

個人的には映画のワンシーンに使いたい楽曲です。
雨の降り頻る大都会のスラムでマフィアの襲撃に備えて準備をしているシーンなんかピッタリじゃないでしょうか?

この曲がヘアメタルのとして紹介されるのには納得がいきません。
明らかに音楽性が違うでしょう。
メロディアスハード好きにこそアピールすべき楽曲です。
しかも、80年代の哀愁系が大好きな人なら一生物の出会いとして喜べるであろう名曲です。

残念ながらセールス的には大惨敗をしてしまい、日本でもそこまで知名度はありません。
ただ、隠れた名作としてマニアの間では定番となっています。
この曲を知っているだけで、ちゃんとわかっているメロディアスハードマニアとして話が弾むはずです。

おまけ:ちょっと似てると思いませんか?


アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました