【曲紹介】Coldplay / Politik

コールドプレイ/ ポリティーク (2002)

1997年に結成されたイングランドのロックバンド。
2002年に発表された2枚目のアルバム[A Rush of Blood to the Head]の1曲目に収録されています。

世界で累計1億枚以上のセールスを記録したモンスターバンドです。
地元ロンドンでローカルな活動を行っていましが、[U2]や[R.E.M.]そして[Radiohead]に影響を受けた内に秘めたる感情を静かに歌い上げるスタイルが人気を博します。
2000年に発表したデビューアルバムの[Parachutes]は、なんと世界で330万枚という脅威的なセールスを記録。
それに続く本作は、ギターとピアノに比重を置いたロック色の強い作風で前作を上回る人気作品となりました。
その中から、静と動の極端な対比が魅力的な人気曲がこちらです。

ディストーションをかけて歪ませたギター
ドラムセットを破壊するかの如くフルパワーでぶっ叩くドラム
音の壁を作るべく、同じ音を延々とユニゾンするアンサンブル。

まさにアルバムのタイトルであるA Rush of Blood to the Head (頭に血が上る)を表現しています。
怒りのあまりに正気を失ったら、ほとんどの人がこんな演奏しそうですもの。

曲のムードはどこまでも陰鬱です。
狂気のイントロから、歌が入った瞬間に全ての楽器が一瞬フッと消えるところはゾワっときます。
静かな怒り
一触即発の雰囲気が漂います。

この頃のColdplayは尖っていました。
本当に尖っていました。
美しいメロディの中にも毒を含んでいました。

年齢と共に薄れていく毒が間違いなくここにあります。
この作品で脚光を浴び、世界レベルのモンスターバンドへと変貌を遂げていくのでした。

Coldplayの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました