【曲紹介】Falconer / Upon the Grave of Guilt

ファルコナー / アポン・ザ・グレイヴ・オブ・ギルト (2001)

1999年に結成されたスウェーデンのパワーメタルバンド。
2001年に発表されたデビューアルバム[Falconer]の1曲目に収録されています。

ヴァイキングメタルのMithotynを率いていたStefan Weinerhallがよりメロディックな音楽性を目指して結成したバンドです。
バンドのお披露目ソングどころか、北欧民謡系メタルの最高峰として君臨している超ドラマティックメタルナンバーがこの曲!

激しいツーバスの連打とRunning Wildみたいなクサいクサいギターリフを中心に疾走するのですが、歌が入った途端に中音域で歌い上げるMathias Bladの超美声が聞こえてきて度肝を抜かれます。
メタルのハイトーンとは全く違う、感情豊かに歌い上げるスタイルは超個性的!

歌手と俳優を兼任しているだけあって、発声や抑揚の付け方が半端ではなく上手い!
まるで民謡を歌っているかのような腹の底から響き渡る超えです。

前半部分は、なんの変哲もないストレートなメロディックメタルで、これはこれで素晴らしいのですが、この曲の聴きどころは中間部分以降
表紙が変わり、一気に民謡チックなフレーズが出てきたところから本領発揮です!

「うぉ〜〜ううぉ〜〜〜う!うぉううぉうぉううぉ〜!」のハミングで、ノックアウトさせられます!
みんなで大合唱したら絶対楽しいやつです!
そして、Bメロに戻って再度サビで疾走!
このメリハリの付け方は本当にたまりません。

ギターソロもないシンプルな曲ですが、メロディの強烈なクサさとヴォーカルの歌声で全てを持って行っています。
北欧民謡メタルを聴きたければ真っ先に手を出すべき超名曲!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました