【曲紹介】King Diamond / Abigail

キング・ダイアモンド / アビゲイル (1987)

1985年にデンマークで結成されたヘヴィメタルバンド。
1987年に発表された2枚目のアルバム[Abigail]の8曲目に収録されています。

Merciful Fateでの活躍で有名なKing Diamondを中心としたバンドです。
低音の濁声と裏声の卓越したハイトーンを自由自在に操るホラータッチ溢れたメタルをプレイしています。

アラビア風の怪しいメロディラインと、やたらと上手いドラムが非常に印象に残ります。
それもそのはず
ドラムを叩くMikkey Deeは、その後Motorheadのメンバーとなり、バンドの活動終了まで20年以上も屋台骨を支えてきたドラマーです。

そして、King Diamondのとてつもない個性を持った歌声がすごい!
裏声ハイトーンが良くも悪くも「へんてこりん」です。
まるで、悪魔が歌っているかのような人間離れした声です。
正直、聴く人を選びますが、好きな人にはたまりません。

ホラーちっくな曲の演出とは対照的に、ギターソロのメロディは非常に綺麗です。
シンセの音もセンスよく入っており、非常にキャッチー。

ボラーメタルのパイオニアによる歴史的な名盤を構成する重要な一曲です!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました