【曲紹介】U.D.O. / Metal Eater

ユー・ディー・オー / メタル・イーター (1991)

1987年にドイツで結成されたヘヴィメタルバンド。
1991年に発表された4枚目のアルバム[Timebomb]の1曲目に収録されています。

ジャーマンメタルの重鎮[Accept]を脱退したシンガーのUdo Dirkschneiderが立ち上げました。
大衆的な方向に進むバンドが従来の音楽性を継承する目的で発足したソロプロジェクトが母体となり、その後バンドへと発展します。
前作からは[Accept]でドラマーでドラムを勤めていたStefan Kaufmannをプロデューサーに迎え、ストロングなスタイルのヘヴィメタルを極限まで突き詰めた作品を発表しました。
その中から、アルバムのオープニングを飾るスピードナンバーがこちらです!

メロディックな要素、ドラマチックな展開は一切排除し、愚直なまでにパワフルでタイトなスタイルを固持しています。
これには前年に[Painkiller]を発表した[Judas Priest]や、メジャーデビューを果たしてヘヴィメタルの新たなスタイルを確立した[Pantera]の存在を少なからず意識しているような気もします。

ザクザクと刻まれる硬質なギターリフと、粒立ちの良い爆音のドラムとUdo Dirkschneiderの声は相性が抜群です。

まさに、メタルを歌うために生まれてきたような声です。

そして、飛び道具として控えているのが[Gravestone]や[Sinner]等を渡り歩いてきたMathias Diethのメリハリの効いたギタープレイです。
要所要所でビックリ箱のように派手なプレイで大暴れしたかと思えば、次の瞬間にはバッキングに戻っているプレイは、自己主張の強いプレイヤーの多いテクニカル系ギタリスト達とは一線を画しています。
楽曲を引き立てるために、構築に構築を重ねた名演です、

まるで[Judas Priest]のRapid FIreを90年代に蘇らせたかのような、正統派ヘヴィメタルリバイバルです。
この後、グランジムーブメントで隅に追いやられるジャンルが時代の最後に激しく燃え上がらせた炎のような名曲です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました