【曲紹介】Ozzy Osbourne / Bark at the Moon

オジー・オズボーン / 月に吠える (1983)

1979年からソロ活動を開始したイングランド出身のシンガーソングライター。
1983年に発表された3枚目のアルバム[Bark at the Moon]の1曲目に収録されています。

[Black Sabbath]での活動とソロキャリアで世界的な知名度を誇る、ヘヴィメタルの帝王です。
相棒であるRandy Rhoadsがギターヒーローとして一世を風靡し、順風満帆な活動をしていた矢先に不幸な事件が起こります。
飛行機事故によって、Randy Rhoadsが25歳の若さでこの世を去ってしまいました。
絶望の淵に落とされたOzzyは、周囲の助けもあって再発したアルコールやドラッグの問題から無事に回復。
後任として日系人ギタリストのJake E. Leeを迎え入れ、よりキャッチーでストレートな作品を作り上げました。
その中から、アルバムのオープニングを飾るスピード感に溢れるナンバーがこちらです。

切れ味の鋭いギターリフが強烈です。
ブリティッシュメタルの超王道だったこれまでの作品とはうって変わって、アメリカを意識した作風に変わりました。

聞かせどころが非常に多く

飛び切りキャッチーな歌メロ
とにかくテクニカルなギタープレイ
タイトなドラム
目立たず美味しいところだけもっていくシンセ

沢山あるのですが、一番聞かせてくれるのがベースです。
Ozzyのソロデビュー作からベースだけでなく作曲にも多大な貢献をしているBob Daisleyが、比較的平坦な曲のリズムを独特のスタッカートのきいたベースで曲全体をグイグイと引っ張ります。
同時に、アンサンブルの邪魔にならぬようさりげなく入るメロディアスなフレーズは非常に魅力的です。

Randy Rhoadsの不幸な事故を乗り越えて生み出された名曲です。

Ozzy Osbourneの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました