【曲紹介】Battle Beast / Straight To The Heart

バトル・ビースト / ストレート・トゥ・ザ・ハート (2017)

2008年にフィンランドで結成されたヘヴィメタルバンド。
2017年に発表された4枚目のアルバム[Bringer of Pain]の1曲目に収録されています。

2011年のアルバムデビュー以来着実にファンを増やし続け、前作のUnholy Saviorは何とフィンランドのアルバムチャートで初登場1位に輝きました。
しかし人気バンドの仲間入りをした矢先に、リリースに伴うSabatonとのツアー中にギタリストでメインソングライターのAnton Kabanenが突然バンドを脱退してしまいます。
逆境にも負けず、キーボーディストのJanne Björkrothの兄弟であるJoona Björkrothを迎え入れ、メンバーを新たに再始動を図ります。
結果、2作続けてフィンランドにおけるトップアルバムとなる名作が生まれました。
その中から、アルバムのオープニングを飾るアップテンポナンバーがこちらです。

ヘヴィメタルを基調に、80年代のPOPSやEDMの要素などを含んだ非常に耳馴染みのいいヘヴィメタルです。

ただ、メタルバンドとしてのアイデンティティはNoora Louhimoの突出してパワフルなヴォーカルがしっかりとキープしています。
イントロから爽快なシャウトをかましてくれて、入りのインパクトはバッチリです!
Aメロはしっとりと歌い、サビになるとパワフルに
二つの声を自在に使いこなせるのはもの凄い強みですね。

シンセの音使いやフレーズは、80年代のヒットソングを意識したものです。
それを現代風にアレンジし、北欧風のエッセンスを盛り込んでいます。
このようなリスペクトに溢れているスタイルは大歓迎です!

楽器人の演奏も、堅実そのもの。
メタルは派手な演奏が持ち味ですが、この曲はメタルであると同時にヒットソングです。
ヒットソングは、歌を聞かせるもので楽器は伴奏です。

1stアルバムの頃のガチなメタルをやっていた頃のファンが求めているものとは違うかもしれません。
ですが、純粋に心地よい音楽をプレイしているバンドを求めているファンには、これ以上ない傑作です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました