【曲紹介】In Flames / Jotun

イン・フレイムス / ヨートン (1997)

1990年に結成されたスウェーデンのヘヴィメタルバンド。
1997年に発表された3枚目のアルバム[Whoracle]の1曲目に収録されています。

デスメタルにIron Maidenからの影響を受けたツインリードのギターハーモニーと北欧民謡の要素を融合し、メロディックデスメタルが支持を得る基礎を作り上げました。
アルバムを2枚発表後はレーベルの倒産に伴い、ドイツの名門レーベルであるNuclear Blastへと移籍し、気持ちを新たに発表したバンドの代表作の中から特に人気の高いナンバーがこちらです!

メランコリックなギターのメロディを中心に展開するスタイルは正統派ヘヴィメタルに極めて近く、デスボイスのおかげで辛うじてデスメタルの原型をとどめている程度に過ぎません。

ただ、そのメロディがとにかく強烈であり、特にイントロで流れる悲しみに満ちた絶望感すら感じさせるフレーズは凄まじいインパクトです。
音作りや細かいニュアンスで表現しているため、頭で考えずに内面から滲み出てくるものを音で表現しているように感じます。
真似しようとしても中々できるものではありません。

どんな時にも常にギターがメロディを奏で続けており、更にはギターソロまで存在するので楽曲全体がギターソロと言っても過言ではありません。
そして、その全てが強烈な哀愁を感じさせるものであるため、この手のジャンルの愛好家にとってはまさに理想を濃縮したかのような仕上がりとなっています。
ツインリードでハーモニーを重ねるパートであっても、何の工夫もなく重ねることは皆無です。
音符によって1本で奏でるか2本で奏でるかを綿密に構築しており、これによってメロディも印象深いものとなっています。

リードギターが楽曲の中で最も目立つようなMIXになっていることもあってか、ギターがシンガーの代わりにメロディを歌い、シンガーはリズムギターの代わりに下から楽曲を支える、ポピュラーミュージックとは真逆の立ち位置となっている構成が出来上がりました。
この数年後にバンドは洗練されたオルタナティヴメタルバンドとして世界に羽ばたきますが、この頃の良い意味での田舎臭さを忘れることのできないリスナーが数多くいることも頷けます。

数多くのメロディックデスメタルの楽曲が存在しますが、メロディの抒情性で言えば最高峰に位置します。
特に、イントロのフレーズはその代名詞とも言える名演です。
メロディックデスメタル入門にはぜひこの曲を!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました