【曲紹介】Tank / Honour and Blood (2010 Version)

タンク / オナー・アンド・ブラッド (2010)

1980年に結成されたイギリス のヘヴィメタルバンド。
2010年に発表された7枚目のアルバム[War Machine]のボーナストラックとして収録されています。

Tankです。
The Dammedでベースを担当していたAlgy WardがMotörheadの”Fast” Eddie Clarkeから支援を受けて結成したことで有名なTankです。
ただ、この作品を発表した時にはAlgy Wardは既に脱退。
シンガーの座には、なんとRainbowYngwieとの活動で有名になったDoogie Whiteが参加しています。

カラー違い過ぎでしょ?
硬派で無骨な漢のメタルに様式美系の上手いシンガーが入ってどうなっちゃうのよ?

しかも、この曲は1984年に発表された超名曲のHonour and Blood
それを再レコーディングしたものです。

どうなることやらと再生してみると・・・

うん、すっごくマイルドで毒がなくなっています。
漢臭さも全く消えて拍子抜け
けれども、原曲がバンドを代表する名曲であるだけにそれなりに楽しめます。

背中で泣く男の美学がこれでもかと伝わってきます。
いわば、マイルドヴァージョンでしょうか?

原曲を知っている方が違いを楽しむ用です。

原曲はこちらから!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました