【曲紹介】Iron Maiden / Phantom of the Opera

アイアン・メイデン / オペラ座の怪人 (1980)

1975年にイングランドで結成されたヘヴィメタルバンド。
1980年に発表されたデビューアルバム[Iron Maiden]の4曲目に収録されています。

デビューと同時にJudas Priestと共にヘヴィメタルの象徴として世界中からの支持を得て、40年以上に渡りトップバンドとして君臨しているバンドです。
従来のブリティッシュハードロックに、荒々しいスピード感のあるビートを加えた独自のサウンドがヘヴィメタルと呼ばれ、ロンドンを中心にNWOBHM(ニューウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)のムーブメントを作り上げました。
その歴史の始まりとなる記念すべきファーストアルバムから、7分を超えるプログレッシヴなナンバーがこちらです。

当時のヘヴィメタルは、従来のハードロックからブルースの要素を取り除いてタイトなリズムでより激しく演奏するスタイルでした。
Iron Maidenはそこに、プログレッシヴロックの要素を大胆に打ち込んできたのです。
同郷の先輩であるQueenからの影響も大きいかもしれません。

イントロで飛び出すギター、ベース、ヴォーカルが全てユニゾンしているプレイはインパクト絶大!
同じフレーズを何度も、何度も繰り返して印象付けています。

ヘヴィメタル初の組曲形式になっており、曲が目まぐるしく変化します。
どの場面も、極めてシンプルな曲構成となっており、俗にいうプログレ的な複雑さは感じられません。
Iron Maidenの代名詞ともなるツインギターのハーモニーも、この時点で完成されています。

Wishbone AshやThin Lizzyの影響が強く出ていますが、自分たちのスタイルに完全に昇華させています。
のちに、この手のバンドが続々と登場し、いずれもメイデン系と呼ばれるようになりました。

ヘヴィメタルのスタイルを作り上げたパイオニア的な一曲です!

Iron Maidenの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました