【曲紹介】Extreme / More Than Words

エクストリーム / モア・ザン・ワーズ (1991)

1985年にアメリカのマサチューセッツ州で結成されたロックバンド。
1991年に発表された2枚目のアルバム[Pornograffitti]の5曲目に収録されています。

ボストンを中心に活動し、80年代に大流行したグラムメタルサウンドとNuno Bettencourtのブラックミュージックのリズムを取り入れたテクニカルなギターワークが[ファンクメタル]と呼ばれ、人気を博しました。
セールス面で成功をしたデビューアルバムに続けとMichael Wagenerをプロデューサーに迎えたセカンドアルバムからのバンド最大のセールスを記録した大ヒット曲がこちらです。

歌とアコースティックギターだけの静かなバラードソングで、同年に発表されたMR.BIGのTo Be With Youと並んで、アメリカンハードロックの名バラードとして挙げられることの非常に多いナンバーです。

Gary Cheroneのハスキーでソウルフルな歌声と、Nuno Bettencourtのリズムとコードを同時に演奏する繊細なアコースティックギターのプレイとコーラスワークは時間を忘れて聞き惚れてしまいます。
静かな中でも情熱的に感情を爆発させる瞬間があったりと、緩急の付け方のセンスが実に絶妙。
聞き手を退屈させないようなストーリーが展開されています。

素晴らしい歌と、それを彩るギターとコーラスワーク。
ヒットソングの条件を余すことなく満たしています。
それにより、当時のアメリカではこの曲を知らない人の方が珍しいほどの知名度を誇りました。

ただ、皮肉なことにアコースティックバラードでのヒットをしたために、それ以外の楽曲はロックファンにしか注目されず、コンサートの動員にも繋がらずにバンドを苦悩させる要因にもなりました。
演奏に参加をしていないベーシストとドラマーも複雑な気持ちだったことでしょう。

ただ、この曲がそれまでロックに興味のなかったリスナーにExtremeと言うバンドを知ってもらうきっかけになったことも事実です。
テクニカルな演奏を売りするバンドの、また違った側面を見せた大ヒットバラードとしてお楽しみください。

Extremeの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました