【曲紹介】Deep Purple / Burn

ディープ・パープル / 紫の炎 (1974)

1968年にイングランドで結成されたハードロックバンド。
1974年に発表された8枚目のアルバム[Burn]の1曲目に収録されています。

ハードロックの代表的なバンドとして世界中で愛されている伝説のバンドです。
数々の名曲を矢継ぎ早に連発していた中で、徐々に忍び寄ってきたメンバーの不和。
それは前作[Who do We think We are]を発表後に決定的なものとなり、Ian GillanとRoger Gloverが脱退してしまいます。
バンドの危機を救ったのは、無名だったDavid Coverdaleと元TrapezeのGlenn Hughesでした。
新メンバーの2人をツインヴォーカルに置き、新しく生まれ変わったバンドとしてレコーディングに臨みます。
こうして完成した作品は、バンドのキャリアを代表する名盤となりました。
その中から、ロックのスタンダードとして世界中で親しまれているナンバーがこちらです。

この曲のギターリフは様々なメディアで取り上げられ、おそらく耳にしたことが無い人は少数派であろう必殺のフレーズです。
ギターとオルガンの絡み合うメロディアスで緊張感のあるリフに、Ian Paiceのスピード感抜群のドラムが絡み合います。

曲全体が聞きどころで溢れています。
David CoverdaleとGlenn Hughesのツインヴォーカル。
Ian PaiceのAメロのバックでドラムソロを打ち込む斬新なプレイ。
クラシカルなギターソロに負けじと対抗するJon Lordのオルガンソロ。

凄まじいアンサンブルの応酬です。
当時、ハードロックにおいてここまで派手なアンサンブルをするバンドは滅多にいませんでした。

散々語られ尽くしている曲なので、ドラマーの視点で語ってみます。
この曲といえばなんといってもドラムソロ。
ヴォーカルが歌っているバックで超高速のドラムソロが暴れ回るんです。
信じられません。

そして、Ian Paiceのシングルストロークが本当に速い!
ここまで速くて丁寧で勢いのあるプレイはとても真似できるものではありません。
ただ、闇雲に叩きまくるのではなく歌のアクセントに合わせてドラムのアクセントも合わせてあげるところにセンスの良さを感じます。

ドラマーが目立つには最適な一曲!

Deep Purpleの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました