【曲紹介】Roko / Hot Nights in Africa

ロコ / ホット・ナイツ・イン・アフリカ (1992)

1989年に結成されたドイツのハードロックバンド。
1992年に発表された2枚目のアルバム[Open Invitation]の2曲目に収録されています。

ハードポップバンドのJojoで活動していたRoko Kohlmeyerを中心に結成され、メジャーのPolydorと契約を結んでデビューを飾りました。
後に敏腕プロデューサーとして数々の名盤に関わるBob Marletteが手がけた前作は、ヨーロピアンな哀愁漂うメロディアスなハードロックサウンドがなかなかのセールスを記録します。
それに続く本作は、[Treat]や[Magnum]等のメロディアスなアルバムを多く手がけたAlbert Boekholtとタッグを組んで制作され、より洗練されたシャープな仕上がりとなりました。
その中から、サビが強烈なインパクトを放っているアップテンポのナンバーがこちらです。

お〜で〜で〜おでやぁ〜んやぁ〜〜!

一度聞いたら一気に虜になるぐらい強烈なサビです。
直訳すると「アフリカの熱い夜」
最高にCoolなタイトルです。

まさに、ライブでやられたら楽しすぎて頭がおかしくなる系のアップテンポのナンバーです。
みんなで肩を組んでピョンピョン飛び跳ねながら踊りたいですね。

80年代のグラムメタルから派手さを抜いて、ブルースの要素を少しだけプラスしてキャッチーなメロディを増幅させた90年代ハードロックのお手本みたいなサウンド。
当時のドイツはこういう素晴らしいバンドがたくさんいましたね!
Fair Warning、Axxis、Bonfire
どれもメロディに個性があって素晴らしいバンドばかりです。

Rokoも、もう少し日本で人気が出ればよかったのですが残念ながら知名度はイマイチ。
ただ、マイナーながらもこういう名曲が隠れているので、見つけると得した気分になること間違いありません。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました