【曲紹介】Grave Digger / The Reaper

グレイヴ・ディガー / ザ・リーパー(1993)

1980年にドイツで結成されたヘヴィメタルバンド。
1993年に発表されたGrave Digger名義としては4枚目のアルバム[The Reaper]の2曲目に収録されています。

Noise Recordsと契約して3枚のアルバムをリリース後、1986年にバンド名を[Digger]と改名します。
より多くの層にアピールするためにハードポップ風のスタイルに転向するも、新規ファンを獲得できなかったばかりか既存のファンのほとんどを失う結果となってバンドは解散。
しかし不屈の精神で1991年に奇跡の復活を遂げ、復活作の本作をリリースします。
その中から、バンドの代表曲にもなったスピードナンバーがこちらです。

ブリッジミュートをかけたヘヴィなギターの刻みとツインバスの連打が絡み、割れんばかりのシャウトが響き渡るイントロを聴いて驚きました。
前代未聞のアグレッシブなパワーメタルです。
解散前にポップな方向へ望まぬ路線変更を余儀なくされた反動でしょうか。
全てを薙ぎ倒して突き進むような勢いを感じます。

その原動力となっているのが、Chris Boltendahlの強烈な歌声。
[Udo Dirkschneider]から影響を受けたダミ声でわめく歌唱法は、楽曲の持つ凄まじいテンションを何倍にも増幅させています。
メロディの概念は薄めですが、スラッシュメタルで多く見る吐き捨てのスタイルとは違う情熱が迸っています。

ですが、80年代の彼はここまでテンションの高いパフォーマンスは出来ませんでした。
何が原動力になっているのかと言えば、[Rage]や[Mekong Delta]、[Axel Rudi Pell]等の様々なバンドを渡り歩くドラマーのJörg Michaelです。
彼の踏む怒涛のようなツインバスの連打は、全てのパートを後ろから蹴り上げるエネルギーを持っています。
曲の9割をひたすら連打で埋め尽くすアレンジでも、巧みなビートチェンジで緩急を付けて飽きさせません。
この素晴らしいドラミングによって、Chrisの眠っていた潜在能力が開花したのではないかと思います。

バンドが蘇る瞬間にしか出せない、狂気的とも言える異常なテンションに満ち溢れています。
ジャーマンパワーメタルの歴史において、非常に重要な名曲です。

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました