【曲紹介】LUNA SEA / SYMPTOM

ルナシー / シンプトン (1992)

1989年に神奈川県秦野市で結成されたロックバンド。

1992年に発表された2枚目のアルバム[IMAGE]の9曲目に収録されています。

派手なメイクと耽美な世界観で、ヴィジュアル系と呼ばれるスタイルを浸透させた代表格のバンドです。
結成以降、数々のライブハウスの動員記録を塗り替え、メジャーデビュー前ながら日本青年館でのホールワンマンを大成功させるなど快進撃を続けて行きましたが、満を持してMCAビクターと契約を交わしてメジャーデビューに漕ぎ着けます。
余裕のある資金と時間を与えられたバンドは、かつてないほど細部までこだわったレコーディングによって生まれたメジャーデビューアルバムは、後にライブの定番となる名曲を多数含む名盤となりました。

その中から、オープニングのインストを除けばアルバムの中で最もプレイタイムの短いハードコアなナンバーがこちらです。

アマチュア時代から演奏をしており、音源化する際に大幅にスピードアップをしたアレンジが加えられました。

とにかく、狂気!
狂ってます!
何を言っているの歌詞カードを見ても聞き取れない超早口のサビ。
ラストに近づくにつれて、どんどん崩壊していくRyuichiの歌。
効果音で入るギターをチェーンソーで切断する音

何もかもが初期LUNA SEAらしさに満ちています。
こうでなくっちゃ!

一瞬我に返るかのようにメロディアスになり、しばらくの沈黙の後に再度爆走する展開のセンスの良さには脱帽です。
緩急の付け方が尋常ではありません。
ただ、狂っているだけのバンドは星の数ほどありますが、狂気と正気の使い分けができるところがファンの心を掴んだのだと思います。

たまにライブで披露されると大歓声の上がる隠れた名曲です。

LUNA SEAの他の楽曲紹介はこちら!

【曲紹介】LUNA SEA / BLUE TRANSPARENCY (限りなく透明に近いブルー)

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました